【韓国インスタント麺】양념 치킨(ヤンニョムチキンラーメン) 作り方/レビュー

スポンサーリンク



양념 치킨(ヤンニョムチキンラーメン) 農心(농심:ノンシム)

今日食べるラーメンはジャンキーな香りがするコチラ!

양념 치킨(ヤンニョムチキンラーメン) 農心(농심:ノンシム)

なうん
“夜の秘密のおやつ用”みたいなパッケージだね笑
今回は完全にパケ買いです。見た目が可愛らしくて買っちゃった。

こちらは韓国スーパーで246円(税抜)で購入しました。見た目とは打って変わって値段はあまり可愛くないです

  • 양념(yangnyeom:ヤンニョム)とは
    韓国料理によく使われる調味料のこと。漢字で書くと”薬念”。コチュジャンや醤油/にんにく/ごま油/ごま/砂糖/生姜などを材料にして作られる。甘辛く中毒性があるのが特徴。
  • 양념 치킨(yangnyeom chikin:ヤンニョムチキン)とは
    フライドチキンにヤンニョムを絡めたもの。韓国ではチキン屋さんでビールと一緒に食べるのが定番。テイクアウトしたりデリバリーしたりするのもよく聞く話。

매콤달콤(メコムダルコム)っていうのは甘辛という意味かな。매콤が”やや辛い”、달콤が”甘い”という意味なのでそんなとこだと思われます。

なうん
まあ韓国基準の”甘辛”なので、日本人が想像する”甘辛”よりはかなり辛いんだろうけどね←

スポンサーリンク



原材料名/栄養情報

まずは原材料名からどうぞ。

原材料名:日本語版

 

韓国語が見たい方はこちら↓

原材料名:韓国語版

 

次に栄養情報です。

나트륨(ナトリウム) 1120mg 56%
탄수화물(炭水化物) 73g 23%
당류(糖類) 16g 16%
지방(脂肪) 19g 35%
트랜스지방(トランス脂肪酸) 0g
포화지방(飽和脂肪酸) 7g 47%
콜레스테롤(コレステロール) 0mg 0%
단백질(タンパク質) 9g 16%
칼슘(カルシウム) 122mg 17%

内容量は122g、カロリーは500kcalです。

今回122gと量が若干多めなのは、麺の量が多いからではなくトッピングとソースの重さです。それからピーナッツが入ってることもありカロリーは高め。夜食に食べたら確実に太るやつ←

スポンサーリンク


作り方

調理方法はカップの側面に書いてあります。

  1. フタを表示線まで開封した後、やや辛いビビンソースと香ばしい添付トッピングを取り出し、沸騰したお湯を表示線まで注いでください
  2. 4分後、蓋の上に表示してある部分の穴を開けて水を充分に捨てて下さい
    ※水を充分に捨てると濃い味を味わうことが出来ます
  3. やや辛いビビンソースを入れよく混ぜた後、
    ※よく混ざらない場合は水を追加して調節して下さい
  4. 最後に香ばしい添付トッピングを振りかけて召し上がって下さい

 

“蓋の上に表示してある部分の穴”っていうのはこれ↓のことね。
右に小さくある文には“箸で穴を開けて水を出して下さい。熱いので火傷に注意。”みたいなことが書かれています。

 

それから栄養情報の下にTIPって書いてあるんだけど…

(拙訳)

  • “お箸固定ホーム”を利用されると調理時フタが開かず簡単に安全に調理をすることが出来ます
  • 下からビニールを剥がすとより便利です
なうん
調理法に関するアドバイスじゃないので気にする必要はありませんw

 

“お箸固定ホーム”っていうのはフタの一番下側、”젓가락 끼우는곳(お箸はめ込み口)”って書いてある下側の点線部分のこと。
お湯を捨てる時までここに箸を差し込んでおくと安全ってことなのね。
またその横にある뜯는곳は開け口、접는곳は折り口という表示でございます。

 

付属品の裏側にも“お箸固定ホーム”の使い方が書いてありました。
どんだけ推すんだよ、このお箸固定ホーム笑


…すみません、話が少し逸れてしまいましたね。

 

まずはフタを開けるとはこんな感じです。
うむ、これは普通の麺←
若干太いような気がしなくもないけど、恐らく私の気のせい。

 

今回付属品は2つです。

 

まずは고소한 첨부 토핑(香ばしい添付トッピング)

고소한 첨부 토핑(香ばしい添付トッピング)

 

これは中開けるとピーナッツとパセリです。
わぁお、ジャンキィ。

 

そしてもうひとつが辛さの決め手となる、매콤한 비빔소스(やや辛ビビンソース)

매콤한 비빔소스(やや辛ビビンソース)

 

開けてみるとこんな色をしています。
プルダックポックンミョン(=韓国の超激辛カップ麺)のソースと同じような色をしているのだが。

なうん
甘辛チキンなんだよね?w ※あくまで韓国基準

…まぁいいや、全て食べてみれば分かることです。
お湯を入れて4分後にお湯を全て捨て、ソースとふりかけを入れてよく混ぜれば完成だよ。

スポンサーリンク


実食

出来上がりましたー!
お湯入れる前は見えなかったけど、具はキャベツが入ってました。
それからソースはお湯を残さなくても良く混ざるタイプだったので、特に意識してお湯残そうとする必要は無いかと。

 

麺はつるつるというより少しざらっと食感が残るタイプのもの。太さは太くもなく細くもなく普通くらい。農心の麺はこのタイプが多いと思います。
気になるソースのお味ですが、口に入れた瞬間は甘さ6割+辛さ5割くらい?と感じました。甘さも辛さも両方しっかり、パッケージにある通り本当に甘辛です。

 

なうん
…ただそれは最初だけの話。

食べ始めは甘さと辛さのバランスが丁度良いのですが、甘さが先に抜けて口の中に辛さだけ残ってしまうので、段々と甘さの割合が減っていきます。どんどん口の中に入れて甘さを足さないと口の中が火の海になるwww

甘さに関してはトマトのようなリンゴのような少し酸味のある甘さを感じました。自然な甘さで味付けてあるのも良いですね。

辛さについては激辛!と言う程では無いです。ちまたで噂のプルダックポックンミョン↓とも味が似てはいるのですが、それと比べたら断然甘さがあるし辛さも可愛いもんです。

なうん
比較的甘めとはいえ辛いのが苦手な方はやめといた方が良いのはそう←

チキンの味は特にしません。ピーナッツでチキンの衣のカリカリ感を表現してるんだろうけど、だからと言って特にチキンの食感がするわけでは無いです。でもこのピーナッツがジャンキー感&中毒性を増加させているのも事実ではある。

中毒性について

これはそこそこ中毒性があると思います、バクバクいける。

箸が止まらない理由は「バクバク食べて甘さを足さないと口の中が火の海に…」っていうのもそうなんですがw、ヤンニョム自体が甘×辛でヤミツキになる調味料なのでね。

ただ比較的この商品は“辛さが抑え気味×甘さが強め”なので、ものすごく中毒性がある訳じゃないけど、多少あるかなという印象です。

なうん
チキンとかチーズとかニンニクとかちょい足ししたら、もう悪魔の料理になるんじゃないかと推測されます。夜食べたら絶対あかんやつ笑

結論

結論、なかなか美味しかったです。主張し過ぎず弱すぎない甘さ/辛さ/ジャンキー感、そして中毒性がよくバランス取れてて、これまたちょうど良い満足感で食事を終えることができました。

今まで散々食べてきた韓国激辛ラーメンの中では、比較的甘さがあり慣れていない人でも食べやすい味なので

読者さん
激辛ラーメン食べてみたいけど辛いのそんなに得意じゃない…

という方はまずはこのヤンニョムチキンラーメンから挑戦してみるのも良いと思います。

次もリピしたいかな。チーズとチキン足して悪魔の料理にして是非食べてみたいですw

スポンサーリンク


商品情報

  • 商品名:양념 치킨(ヤンニョムチキンラーメン) 農心(농심 ノンシム)
  • 価格:246円(税抜)
  • カロリー:500kcal

 

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です