【韓国インスタント麺】사리곰탕(サリコムタン) 作り方/レビュー

スポンサーリンク



사리곰탕(サリコムタン) 農心(농심:ノンシム)

本日の韓国カップラーメンは辛いのが苦手な子とも一緒に楽しめそうなこちらの商品!

사리곰탕(サリコムタン) 農心(농심:ノンシム)

なうん
これは辛くなさそう?!…と思って買ったやつ。
見るからに優しい雰囲気が漂ってるじゃん笑

こちらは韓国スーパーで170円(税抜)で購入しました。農心(농심:ノンシム)から出ています。

사리(サリ:sari)というのは“ラーメンの替え玉”とか”追加トッピング”って意味です。本来コムタンは麺が入っていない料理だから“麺+コムタン”ってことなのかな、きっと。

パッケージの左上に書かれている“진국 의 맛!”は”濃いスープの味!”という意味だよ。

※正確な発音としては”ゴムタン”が近いのですが、ここでは公式サイトにある通り”コムタン”と書かせて頂きます。

コムタン(곰탕:gomtang)とは

コムタンっていうのは簡単に説明すると以下の通りになります。

  1. コムタン(곰탕:gomtang)とは
    “牛の肉や内臓”を煮込んだスープのこと。닭곰탕(タッコムタン:鶏コムタン) とか꼬리곰탕(ッコリコムタン:牛テールコムタン)もその仲間。
  2. ソルロンタン(설렁탕:seolrongtang)との違い
    ソルロンタンは”牛の肉と骨”を煮込んだスープのこと。コムタンは透明なスープ、ソルロンタンの方が白濁したスープなのが特徴。またコムタンの方が内臓を使ってるから脂っこい。

 

なうん
…っていうのが本来の違いなんだけど、現在ではそれも不明確になりつつあるらしい。2つともに共通してるのは基本味付けをしないので、自分好みで調整して楽しむってところです。

 

よく似たソルロンタンとはこういう料理だよ。似てるでしょ?

본죽&비빔밥 cafe(ボンジュク&ビビンパ cafe)@仁川空港 にて

 

コムタンについてはパッケージの横にも説明書きが書かれていました。

(拙訳)

  • コムタンは昔から王様のスラサン(=朝鮮の宮廷料理)でもお出しした高級料理です。サリコムタンは牛の骨と肉をじっくり煮込み抽出する濃いスープの味で、コムタン本来の味を楽しむことが出来ます。
  • 牛肉はオーストラリア産、ニュージーランド産を使っていて信頼できます。
なうん
コムタンがスラサンとして出されてたとは…!

 

朝鮮の宮廷料理であるスラサン(수라상)とはこんな料理です。
こちらは北朝鮮の開城に行ったときに食べた飯床器(バンサンギ:반상기)という宮廷料理。この中にコムタンは無かったけどさ。

 

韓国ではソウルの民俗博物館に行った時に展示品にありました。
韓国でも食べられるお店はあるので気になる方は調べてみてね。(値は張るだろうけど)

なうん
あ、早く作り方と感想教えろ?
…ついつい説明が長くなってしまいました。次に行きましょう!

スポンサーリンク



原材料名/栄養情報

まずは原材料名です。

原材料名:日本語版

 

韓国語が見たい方はコチラからどうぞ↓

原材料名:韓国語版

 

栄養情報は以下の通りです。

나트륨(ナトリウム) 1590mg 80%
탄수화물(炭水化物) 76g 23%
당류(糖類) 3g 3%
지방(脂肪) 17g 31%
트랜스지방(トランス脂肪酸) 0g
포화지방(飽和脂肪酸) 8g 53%
콜레스테롤(コレステロール) 0mg 0%
단백질(タンパク質) 8g 15%
칼슘(カルシウム) 147mg 21%

内容量は111g、カロリーは490kcalです。

スポンサーリンク


作り方

作り方はフタの右あたりに書かれています。

  1. フタを表示線まで開封した後
  2. 麺の上に粉末スープを入れ
  3. 沸騰したお湯(400ml)を中の表示線まで注いだ後フタを閉め
  4. 約4分後よく混ぜて召し上がってください
なうん
超簡単ですね、スープ入れるだけだもん笑

 

はこんな感じです。
オーソドックスな麺ですね。具はネギだけかと思われます。

 

今回付属品は1つだけです。

분말 스프(粉末スープ)

 

粉末スープはこんな色をしています。
クンクンするとほんのり中華スープのような匂いがしました。コムタンだから正確に言うと牛の匂いなんでしょうが。

なうん
この粉末スープをを入れてお湯を注いで、4分経ったら完成です!

 


…余談だけど、フタの1番下に書いてあるこの文字が気になる方へ。
これは「뜯는곳→開け口、접는곳→折り口」という表示でございます。

スポンサーリンク


実食

4分後、出来上がりましたー!
具はネギだけでした。スープも白いし見た目は非常にシンプル。

 

スープ白と黄色が混ざった色をしています。若干透明感が残っているかな。それからやっぱりすこーしだけ中華スープのような香りがします。コムタンだから牛の匂い…(ry(←2回目)
お味はあーっさり薄味です。よーーく味わうと出汁の味が少しするな程度。
はっきり言って出汁は効いていないので、サッと飲んじゃうと味がほぼしないというか物足りないです。個人的には淡白すぎる味だなと思いました。

なうん
パッケージにあった”진국 의 맛(濃いスープの味)!”は言い過ぎな気がする^^;

辛さは全くありません。この点は安心してください◎

 

お次は麺を頂いてみます。

なうん
おや???

 

味がしない…

スープ乗りが良くなくて麺そのものの味しかしませんでした。これは麺を口に入れた後にスープも一緒に飲み込んだ方が美味しいかも。

麺自体はよくあるインスタントの麺です。すごく美味しいわけでもなく不味くもなく。太さは普通くらいかな。つるつるではなく少しザラッとした食感があります。


正直に言うけど、これだけだと美味しくはないです。あっさりし過ぎててほぼ味がなかった。ただコムタン自体そのものが “自分で塩・胡椒・キムチやらを足して味付けして食べる料理”なので、ある意味本来の味に近いかもしれない です。自分のアイデア次第ということかな?

急いでサッと美味しいものを食べたい時には向いていないかな。何かアレンジする余裕がある時に食べると楽しい商品だと思います。

おすすめちょい足しレシピ

ところでわたくし、ちょい足ししたら劇的に美味しくなるものを見つけてしまいました。

 

なうん
それがコチラ、じゃじゃん!

 

\\\創味シャンタンDELUXE///

はい、コチラは中華料理用の調味料ですね。

 

味覇(ウェイパー)↓でも代用が効くよ。

 

この創味シャンタンの表面を3-4回ひっかいて入れて混ぜるだけ。少量で十分効果が出るよ。
これは一応混ぜた後の写真です。混ぜたからといって特に色が変わることは無いのですが笑

これね、入れてみてびっくり。

 

本当に少し入れるだけで出汁の効いた深みのあるスープに劇的に変わるんです。創味シャンタンの味が口の中に広がって後味にしっかり残るので、濃厚さがまるで違う。さっきまでは味が薄くて食べてる感じがしなかったのに、一気に生気を取り戻したような感覚です笑

なうん
これはうまい、ご飯と一緒に食べたら止まらない味に間違いありません。
スープ一気に飲み干しちゃいました。

韓国でよく混ぜるのは塩・胡椒・キムチあたりです。鶏がらスープでも美味しいかもしれない。
色々試してみると変化の幅があって面白そうです。そういう意味ではまたリピしたいかも!

スポンサーリンク


商品情報

  • 商品名:사리곰탕(サリコムタン) 農心(농심 ノンシム)
  • 価格:170円(税抜)
  • カロリー:490kcal

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です