韓国から北朝鮮に1番近い街に行ってきた 明日の汽笛の音でスカイウォーク「自由の橋」に近づいてみよう編 韓国女ひとり旅36

スポンサーリンク



皆さん「自由の橋」ってご存知??

…そう、民間人統制区域に行くためには/DMZに行くためには、通らなければならない橋。

つまり、韓国と朝鮮を結ぶ橋のことだ。

今は、臨津江(=임진강 イムジンガン)の上流に「統一大橋」っていう大きな橋が出来ちゃったから主要な交通網じゃなくなっちゃったんだけどね。

この「自由の橋」は勿論ツアーで許可が無いと行かれないんだけど、
「自由の橋」を1番近くで見るために、「明日の汽笛の音」というスカイウォークができる場所があります!

前説明がちょっと長くなったけど今回は自由の橋に近づいてみたよって話。

ここが恐らく一般人が来れる北朝鮮に1番近い場所!

スポンサーリンク



臨津閣(=임진각 イムジンガク)から自由の橋へ

行き方だけど、この前の臨津閣(=임진각 イムジンガク)あるじゃない?
そこから歩くとね、すぐこんな場所があるんだ。


朝鮮戦争に関わることが展示されています。


線路も!! あらゆる地名が!!


ミリタリーショップもございます。


철마는 달리고 싶다  DMZ넘어 저곳으로【=鉄馬は走りたい DMZを超えてあちらで】

行く途中でちょっと寄り道笑

結構心に残っているのがこれ。

有刺鉄線に、南北統一を願う短冊。

ちょっと寄り道するとこんな川もあります。

私は上から撮ったけど下にも降りれますよ^^


↑このオブジェ。2つの国が握手している感じで好き。

この上に橋が架かっているんだけど、そこの先には南北の平和を願うこんなものが。

この日はね、小学生だったか社会科見学的?な感じで訪れている方が沢山いました。(土曜なのに)

親子連れも沢山いたし、勿論外国人もいっぱい。
でも韓国人が本当沢山来ています。ここは。

自由の橋へは機関車が目印

…自由の橋の方に戻りましょう!


京義線(=경의선)の長湍駅(=장단역)を走っていた蒸気機関車らしい。
ほんっとうに南北境界ギリギリにあった駅みたいで今は使えないんでしょうね、きっと。


ソウルより開城(=ケソン)の方が近いよー!!

開城懐かしいな…( ==)♡(しみじみ)

★あわせて読みたい★

いよいよ民間人統制区域の中へ!「明日の汽笛の音」で北朝鮮を眺める

ここを通り過ぎると明日の汽笛の音(=내일의 기적 소리)の入り口に到着!

ここは有料、大人2000ウォン。日本語表記あり。

※私の写真撮ってる姿が何となく見えているのは見過ごしてください笑

ここは自動販売機で買う形です。日本語音声あったかな…確か無かった気が…(多分)


半券取られちゃう前にチケットパシャリ笑


入り口!

※ここは写真撮影がOKな場所とNGな場所があるのでご注意を。

내일의 기적 소리(=明日の汽笛の音)


最初はこんなトンネルがあるよー!


トンネルの中から先を撮ってみた。
先の方の床に青いところあるじゃない?
あそこは床がガラスになってて銃弾が見えたりします。

 


こんな風に橋桁だけ見えるところも。(なかなか怖いです)

 

…それで1番奥。

左側の橋が自由の橋。
前の橋の脚は朝鮮戦争で焼けた橋。赤いまるが銃弾や攻撃の跡です。

北朝鮮に近づいたよ!!(目的達成☆)

ここは記念撮影する人いっぱい。

韓国人の子どもたちが「あっちが北韓?北韓?」と聞いていました。
※北韓とは韓国での北朝鮮の呼び名。

 

…というわけで私もやってみる。(By セルカ棒)

…まあ良しとしよう笑(何が)

北朝鮮に行ったこと思い出してちょっと切ない気持ちになりながら見ていました。
北朝鮮で仲良くなったガイドさんに「今日近いところまで来たんだよー」なんて心の中で話しかけながら。

ここは北朝鮮に近づけるし、戦争の現実にも触れることが出来るし勉強になりました。
楽しいばかりの場所では無いけどね。

興味ある人に取ってはなかなか面白いんじゃないだろうか。

個人的には2000ウォン払って行く価値があると思います。

北朝鮮に近づいた話は次で最後かな。
BEAT131というアートギャラリーのお話と近くの公園と変わったアイスの話!笑

「自由の橋」アクセス情報

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です