韓国の世界遺産 南漢山城(=ナムハンサンソン 남한산성)へ行ってみよう! 行き方編 韓国女ひとり旅47

スポンサーリンク



…せっかく韓国へ来たのだ。

世界遺産にどこも行かないなんて!もったいなさすぎる!!!

 

うーん(-公-;)

そうだ、南漢山城(=ナムハンサンソン 남한산성)だ!
地球の歩き方でもおっきく特集としてくまれているこの南漢山城(=ナムハンサンソン 남한산성)

…というわけで行ってきたのでレポートいたします笑

スポンサーリンク



まずは地下鉄8番線山城(=산성 サンソン)駅へ


降りるべきなのは地下鉄8番線山城(=산성 サンソン)駅!
ここまではソウル中心部から約1時間程ですね。


駅に着いたら2番出口に出ましょう!

…あ、そうそう。

この山城(=산성 サンソン)駅、珍しくトイレがきれいだし大きなロッカーもあります。

 

コンビニも大きい。

ぜひココを利用することをおススメします。

特にコンビニは山城行くと大きなものは無いので…

バスに乗ります!

南漢山城(=ナムハンサンソン 남한산성)へは、バスで向かいます!
※タクシーでも行けるかとは思いますが、女1人なので安全にリーズナブルに今回はバスで行きます。

バス停はコチラ


出口にこんな地図もあるので分かりやすいかと。

出口でて道なりに進めばすぐ見つかりました!


ここ☆

乗るべきなのは52番、9番、9-1番バス


こちらが路線図。

南漢山城(=ナムハンサンソン 남한산성)へ行くのは52番、9番、9-1番です。

ただし、9-1番は週末のみの運行です。
これは直行便※後述なので韓国語が分からなくても比較的行きやすい。

あと9番は少し遠回りの路線なので平日に行くなら52番、休日なら9-1番をおススメします。

ここは電光掲示板でどのバスがあと何分後にくるのか、今どこにいるのかを教えてくれるので分かりやすいですね!(イムジンガン行った時はそんな表示無かったよ…)


ちょうど9-1番バスが来たので乗ることに。

乗る人いっぱいいますので安心^^
これは、산성역(=山城)←직통(=直通)→남한산성(=南漢山城)という意味。

バス料金

料金は
大人→1300ウォン(現金)/1250ウォン(カード)
青少年※13歳から18歳のこと→1100ウォン(現金)/1000ウォン(カード)
幼児→700ウォン(現金)/630ウォン(カード)

韓国のバスの詳しい乗り方についてはここ↓に詳しく書いております。

★あわせて読みたい★

 

乗ったらおばちゃんおじさんたちが杖もってガチな登山服来てる人たちばかりでなんか焦る私((( ;゜ Д ゜)))

ふっつーの軽装できてしまったし、若い人私だけだしなんかめっちゃ目立ってる気が…←

…ま、気にしても仕方が無いので笑(仕方無いで済ますのかよ)

バスは段々山の中へー

車窓から見た風景↓


段々上がって行って山の中へ…

もしここで迷ったら絶対帰れない ( ̄⊥ ̄lll)

…でも一応バスは2回目だし落ち着いて乗れました。

ガンガン揺れるので必要な方は酔い止めを

そして、この道路日光のいろは坂的なところをぐるんぐるん回ります。(まじで)

座っている時はまだましですが、立っている時は横に縦にぐわんぐわん揺らされますのでしっかり捕まっていいて下さい。

この前のマウルバス程は揺れないんだけど、(このバスはマウルと違って日本の都営バスくらいの大きさのバスです。)

酔いやすい人は酔い止めあった方が良いと思います。
観光前に乗り物酔いなんてごめんじゃん?

ロータリー到着☆

そしてそして、よく高速道路にあるようなオレンジの光の暗いトンネルを抜け…

このぐるっとしたロータリーが見えたら降りる目印!!
※ロータリーと言っても小さなロータリーだけどね。

これが見えたなって思ったらブザー押してOK!

まあみんなこの辺で降りるからそんな気にしなくても良いとは思うけどね^^

あとね一応このバス直通便なんだけど途中でいくつか停留所でアナウンスが流れるのよね。途中でお客さんが乗ってきたりします。(直通じゃないの…?)

だから、「アナウンスが流れたら降りよう」というよりはロータリー目印で降りた方がよいかと思います。

 

バスに揺られること20分程。
まさしく「揺られる」という表現がふさわしい…笑

あ、バス停の周りの景色はこんな感じ^^参考までに!

世界遺産に来たぜっ(・´ー・`)(どや)

世界遺産に来たぜ!!(どやっ)

World Heritage 세계 유산 남한산성 【世界遺産 南漢山城】
↑この石私が写真に撮った後観光客の人が椅子にして座ってて「え、そんな扱いで良いの」ってなったのは内緒。

 

…というわけで!周辺を観光に行きましょう☆

そのお話はまた次回!

帰り方と注意点

帰り方も少し載せておきますね。

帰りのバス停は、行きも帰りも基本的には同じ場所でOKです。

バスロータリーなので帰りもここに来るんです。

一応写メ。バスは結構遅くまで来るよう!(安心安心)


帰りもココのバス停で良いのですが!!

厳密にはこっちになるそうです^^;↓

このバス停を左に見て、右側にあります。

モザイクかかってて分かりにくいかもしれませんが、人がめちゃくちゃ並んでました。しかも私は右側にバスが来るなんて知らず律儀にバス停で待ってたもんだから最後尾に並ぶしか無く^^;

帰りはちょっと違いますのでご注意を!!

それで帰りのバスは立ってたんだけど

このバス、「いろは坂」を通るとき座ってるより立ってる方が何倍にもきついです。笑

手すりにつかまってても右左がんがん揺らされますw
夕方のバスは混んでるから、酔わないように気をつけてね。

おまけ☆


帰りのバスで見た面白い広告。

塾の広告なんだけど、なんだか香港の塾を思い出した笑
(香港って受験競争激しくて、講師がイケメンじゃなくちゃ塾が儲からないとかあるって話を前に聞いたのでそれに似てるなと思ってw)

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です