江華平和展望台から北朝鮮を肉眼で覗こう編 江華島(=강화도 カンファド)にひとりで行ってきた!! 韓国女ひとり旅64

スポンサーリンク



はじめにおことわり

行き方の説明がだいぶ長くなってしまったので、
「江華平和展望台(강화평화전망대)がどんなところか知りたいだけだ」って方は、ぜひ目次の5番「5.江華平和展望台(강화평화전망대)みどころ紹介」からご覧頂くことを強くおススメいたします。(ぺこり)

江華平和展望台(강화평화전망대)とは

江華平和展望台(강화평화전망대)って??

南北分断中の朝鮮半島。
ここは単純に南北の平和を願う展望台なのではない。

なんと!!

 

肉眼で北朝鮮住民の暮らしぶりが覗ける展望台なのだ!!!

コレは絶対行くしかない!!!( ✧Д✧) キラーン

…すみません興奮してつい声が大きくなってしまいました (・・*)ゞ

江華島(カンファド)は、北朝鮮と国境を接する街でもあります。
すぐ目の前の対岸が北朝鮮。

その中でもこの江華平和展望台は最北端に位置する場所。

この前ムンサンから民間人統制区域に入った時は、DMZ(軍事境界線)の前だったから草原しか見えなかったけどここは対岸に住んでいる北朝鮮住民を覗けるのだ。

しかも!!

北朝鮮旅行に行っても見せてくれることの決して無い、田舎(国境沿いですからね)を見れる!!!
いやもう行くしか無いでしょ!(`・ω・´)

 

自分が北朝鮮に興味があるのと懐かしい気持ちもあってね。
ということでレッツゴー☆

★あわせて読みたい★

 

こっちは一般人が入れるギリギリ、DMZの手前まで行ったお話↓

★あわせて読みたい★

 

スポンサーリンク



江華平和展望台までの行き方

バスかタクシーを利用しよう

ここも江華バスターミナルから歩いて行ける距離ではありません。
バスかタクシー必須。
安全面や値段を考慮して、私はバスで行きました。

乗るべきバス路線は?

乗るべきバスは以下の通り。

・江華ターミナル(강화터미널)⇆江華バスターミナル(강화터미널)
순환【循環】1番(始発:09:30/終発20:00)※1日9本,
순환【循環】2番(07:30/19:40)※1日9本,

↓時刻表(平日/休日共に同じ)

表の数字の意味:
(左)ターミナル出発時間
(中)외포리(=ウェポリ)というバス停にバスが着く時間
(右)路線番号 ※2017年3月現在

 

・江華ターミナル(강화터미널)⇆江華バスターミナル(강화터미널)
양사27番(始発:06:00/終発20:30)※1日6本
양사26番(始発:06:29/終発19:10)※1日6本

↓時刻表(平日/休日共に同じ)

表の数字の意味:
(左)ターミナル出発時間
(中)복성리(=ポクソンリ)というバス停にバスが着く時間
(右)路線番号 ※2017年3月現在

※始発、終発の時間は大体で捉えてください。
(観光案内所でもらえる紙やアプリによって微妙に時間が違うので…)

その他気をつけたいこと

上に挙げたバスは市内循環バスだから、市内のいろんな観光地をめぐってくれるバスなのね。

1番と27番バスはコインドルを先に通って江華平和展望台を通る路線。
2番と26番バスはその反対のバス。

バスターミナルから江華平和展望台までの所要時間は約40分程です。

1~2時間に1本くらいしかバス来ないのでご注意を。
(大きなタイムロスを食らいやすいです←)

江華平和展望台からターミナルに帰るだけなら2番と26番バスが早いです!
確か20分くらいで着いたかな。

早速バス乗車☆

コインドルから乗りました

前回の記事にあった通り、世界遺産コインドルへ観光に行っていたので私はそこのバス停から乗りました。
(ターミナルからの行き方ではなく申し訳ない…)

コインドルに先に行かれる予定の方は参考までにどうぞ。

コインドル入り口の近くに↓
こういうバス停があるかと思うので探してみてください。

電光掲示板があって「○番があと○分で着く」と表示してくれるタイプのバス停なのでありがたい☆

停留所名は、강화역사박물관(부근리고인돌)【読み/訳:カンファ ヨクサ パクムルグァン(プグンリ コインドル)/江華歴史博物館(富近里支石墓】。
(よく見ると書いてあるんだけど見えるかな?)

バス路線が色々と書いてあるけど乗るべきなのは1番/2番/26番/27番のどれか!

出来れば1番か27番に乗ってください。
2番と26番は一度ターミナルに戻ってしまう(既に江華平和展望台に寄ってから、コインドルに行ってターミナルに帰ってくるタイプのバス)ので遠回りになって余計な時間をくってしまいます。

反対側にこんなラブリーなバス停もあるけどこっちじゃないよ!笑

途中で軍の検問を通ります

ラッキーなことにすぐバスが来たので早速乗車☆

今度は間違えてないぞ!!笑

バスの中はこんな感じ。小さいバスです。
アナウンスは韓国語でしか流れません。

☆バスの乗り方やアナウンスの聞き方についてはコチラ☆

 

どんどん田舎へ…(帰れなくなったら不安である)


ここら辺バス無かったら生きて行けない気がする(失礼)
夜絶対怖いよ。

江華島のバスターミナル付近は色々あるよ、市場も化粧品屋さんもサーティワンやらカフェやらね。

…話がそれましたが

 

どんどん田舎に進んで行き…

途中で軍の検問みたいなところを通ります。

といっても軍人さんと運転手さんがガラス越しに挨拶かわすだけだけど。
乗客が色々と検査されることはありません。

国境近くなのでちょいちょい軍人さんがバスに乗り込んできたりもします。
ちょっと緊張するね。

バス停とうちゃく!!

コインドルからバスに揺られること20分から30分程。

降りるべき停留所はココ。

평화전망대(=ピョンファチョンマンデ)
(2番と27番の表記が無いぞ…なぜだ)

周りの景色♡


まじでなにもねぇ

有刺鉄線が見えますね…国境沿いです。

やっと江華平和展望台(강화평화전망대)へ着きました泣

ついに!!

やっと!!!

ついたーーーー!!( ;∀;)♡(感激)

バスに乗り間違えてさんざん彷徨ったけど!!(詳しくは前回の記事を見てね)

実はここのバス停で降りる時も、1つ先のバス停で降りてしまい歩いて戻ってきていたのです←

江華平和展望台(강화평화전망대は坂の上!

それで、この写真の坂を登ります。

 

…マジで?

 

マジです (-公- )

結構きついですこの坂w
なんで上まで上がってくれないんだよって思ったもん笑


ハァハァε-(;ーωーA (息切れ)

 

途中でこんなものが見れます。


무적 해명【無敵解明】

チケットを買ったら更に登ります!

しばらくするとこんな駐車場に行き着きます。

なんかお店開いてた。

地図の上の方に北朝鮮との国境線が。

ここでチケットを買います!


【訳:券売締め切り 17:00(冬期16:00)  観覧時間18:00(冬期17:00)】
大人は1枚2500ウォンです!

日本語版パンフレットも頂けます。(韓国語版の方が説明は詳しいです)

 

…で

え、まだ登るの…?※奥の建物が展望台でございます。

 

超・上・り・坂!(-ω-;)

バス停からものの10分程度で着きますが、なんせ角度が急できつい笑
-ここまで来たんだ、北朝鮮を肉眼で見るんだ私は!!-

 

今度こそほんとの本当に到着!!!(やっと)

皆さんは是非ここまで来てから感激してください笑

江華平和展望台(강화평화전망대)みどころ紹介

まずは外から

ここまで来るのにほとんど人には会わなかったのに、ここまで来たら韓国人観光客がいっぱい居た。(外国人はいなかったけど)

一応軍事施設でもあるのでこんな警告が。

入っちゃ行けないところに無断で入るなとか、対抗するような写真撮影禁止とかが書かれています。

 

…でお庭にもいろんな展示が。


こんな恐ろしい顔をする必要があるのか…

これは衝撃でしたね。

平和を祈るリボンでしょうか。

他にも色々あるけど実際は行ってみてください☆

外で1番見てほしいのがここ!!

対岸は北朝鮮です!!

500ウォンで望遠鏡も使用可能!(※両替機は展望台の室内にしかありません)

何が見えるかについては後述!

懐かしいなぁ北朝鮮…また行きたいものだ。
北朝鮮が見れて懐かしくて嬉しい気持ちにもなったけどちょっと寂しかったです。
同じ国ですからね、元々は。

ここは何故かわかんないけど大音量で音楽を流してた。

建物中へ!まずは1F!

中へ入りまーす!

言語は韓国語がほとんど、時々英語

地下1Fと4Fは進入禁止です。(これ大事)

食堂とちょっとしたおみやげ屋さんがあるよ。
ここの食堂、北朝鮮の料理が食べられるらしい!!(時間があれば行きたかったぜ)

 

おみやげ屋さんは、お菓子とかアクセサリーとか売ってた。
中の写真撮ろうとしたら「사진 찍지 마세요ー!【写真撮らないでください】」って言われてしまったっていう…(・ε・`*)

で1Fのメインがこれ!

統一念願所

写真が横に飾ってあって、奥には皆の思いが詰まっていました。

2Fの展望台から北朝鮮を覗こう

2Fはまずね、北朝鮮が覗ける展望台があります。

両替機もあるから安心!


この望遠鏡は1回500ウォンで覗けます。
あ、この階に限らず望遠鏡は至る所に設置されてます。

 

どんな景色が見えるかって?

どんな建物があるかとかは勿論、歩いてる人たちまで見えるんです。
大人か子どもかくらいの判断はつきます。

北朝鮮の田舎の町並みが本当よく見えました。(感動したよ本当)

あ、そうそう。
こういうのも見えたよ↓

※この写真は北朝鮮に行ったときになうんが町中で撮影したものです。

こういうスローガンが書いてある石の碑も建っていました!
「あー北朝鮮だな、懐かしいな」って思ったよ。

他にもリヤカーひいて作業している人とか、もう夕方だったので座って休んでいる人もいました。

いろんなとこから角度替えて2/3回覗いてた気がする笑


↑ガラス越しに撮った。奥が北朝鮮。

朝鮮戦争/北朝鮮に関する展示室もあるよ

2Fのもうひとつのみどころが展示室。

展示タイトルには英語もあるんだけど、解説には韓国語しかありません。


朝鮮戦争のことから、北朝鮮の政治や人権、経済などについても!

人権について書かれてたり北朝鮮で人が苦しんでる様子の絵もあったから、「やっぱり北朝鮮のことを悪く言ってるのかしら…?」と思ったら、北朝鮮の文学とか音楽とか芸術についても展示がありました。

映像資料もあるにょ。

 

あ、このお金は!!

私が北朝鮮で買ったもののも中にはありました♡(自慢)

臨津閣(イムジンガク)@韓国でも、北朝鮮のお金が買えるところがあるから欲しい方はそこに行っても良いかも☆
(とか言って行くの大変だけど)

3Fは北朝鮮眺望室


ここも展望台みたいなところです。


해설 시간【解説時間】
パンフレットによると「北朝鮮の現況を説明してくれる」そうなんですが
恐らく韓国語しかないんじゃないかな…

対岸の北朝鮮のジオラマとともに、解説中でした。

10人くらいはいたかな。
聞きたかったけどここまで高度な韓国語は理解できないので退散…;;

バルコニー的なところにも出られます。

上から撮った↓


至る所に望遠鏡があるのがお分かりでしょうか…?

是非様々な角度からご覧になってみてください。

帰りのバスが来ない…?

帰りのバス停はどこ?

バスが何時にくるかわからないし、暗くなる前に帰ろうということでバス停に向かった私。

来た道の坂を降りるとこんな街並みなんだけど…
(街並みって言ってもなんにもないんだけどさ)

帰りのバス停はこっちです!

正確に言うと、
江華島バスターミナルに帰りたい人は右
コインドルに行きたい人は左 のバス停へお進みください。

電光掲示板はあるけど「あと○分」とかは表示されず。(なんでだよ)

孤独な40分間

韓国のバスって「ある地点を何時に出発します」としか書いてないからこのバスの場合、下手したら1時間近く待つことになるんだよね…
※アプリで大体のバスの場所を調べることは出来ますが
何時にくるのかもわからず、ちょっと不安なままバスを待つことに。

 

それでバス待ち開始。

っしーーーーーーーーーーーーーーーーーん。

…誰もいねぇし。(・ε・`*) けっ

まあ仕方ない…田舎だしこんなもんよね。

 

10分経過。

まあ、10分ちょっと待つのなんて仕方ないよね!(`・ω・´)
想定済みです、想定済み。

 

 

20分経過。

バス来ないなぁ…(遠い目)

 

30分経過。

ねぇ、まじでここバス来るの??
段々不安になってくるなうんさん。

寒い!!そして孤独!!(´;ω;`)

…ここね、本当に人が通りません。
車なんて5分に1台通ればまだ良い方です、まじで。

ブォーーッって音が聞こえてきて「おっ?」って思ったら普通の車で落ち込むこと数回。

 

 

40分経過。

キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!


無事、乗れました。(ふぅ)

良かったバス来て。来ないかと思ったわよ。
あ、時間はね17:40に来たよ。(あくまで目安にしてね)

ここのバス停は、江華島ターミナルを通るバスしか通らないので路線とか確認せず乗っちゃって大丈夫だと思います。

それから乗りますアピールは忘れずに
バス来てもバス停に座ったままで居ると素通りされてまた1時間近く待つ羽目になるよ!!(まじ)

それからせめてもの救いは、ここのバス停の前を時々タクシーが通ったんです。もしバス来なかったらタクシーに頼るのもアリですね。

波瀾万丈だったけど何とかバスターミナル到着

それで来た時と同じように軍の検問を通過し…
20分程で江華島バスターミナル到着☆(やったね!!)
色々と波瀾万丈でしたが楽しめました、江華島^^

もう18時過ぎてて帰っても良い頃だったけど、もう1つ江華島の観光名所である江華風物市場(강화풍물시장)を見学に行くことにしました!!

次回、そのお話で江華島シリーズは終了です☆
長くなったけど、最後まで読んでくれてありがとう♡

アクセス情報


【江華平和展望台(강화평화전망대)】
年中無休:
観覧時間:3~11月→9:00~18:00 ※チケット販売17:00まで
12~2月→9:00~17:00 ※チケット販売18:00まで
料金:大人2500ウォン、子ども(12歳まで)1000ウォン、13歳から17歳1700ウォン
バス等公共交通機関で行けば身分証は必要ないみたいだけど、そうじゃない場合は必要になることもあるらしいから、パスポートは一応持って行きましょう。

スポンサーリンク







スポンサーリンク