【昂坪(ゴンピン ngong ping)観光】昂坪広場(ゴンピン・ピアザ Ngong Ping Piazza)の魅力編 香港女ひとり旅11

スポンサーリンク



昂坪(ゴンピン)に行ったら見逃せない3大観光スポットとは?

其の壱:天壇大仏其の弐:寶蓮禪寺(Po Lin Monastery)其の参:心経簡林(Wisdom Path)

 

この3大観光スポットに行くために必ず通るのが、昂坪広場(ゴンピン・ピアザ Ngong Ping Piazza)

 

しかしこの昂坪広場、見逃しちゃあきません。

 

今回はメインディッシュを楽しむ前の前菜として、昂坪広場(ゴンピン・ピアザ)の魅力をご紹介!

スポンサーリンク



昂坪市集(Ngong Ping Village)から牌楼(Pai Lau)まで

ゴンピン360(この記事を参照してね)を降りたら、
昂坪市集(Ngong Ping Village)に行き着くのでまずはそこを抜けます!

 

昂坪市集(Ngong Ping Village)入口↓

昂坪市集(Ngong Ping Village)出口↓

ふふ、写真の奥の白い門が見える?

お土産屋さんがいっぱい

この出口から牌楼(Pai Lau)までにお土産を売る屋台がたくさん出ていました。

 

なんかここ…

アンコールワットの前のお土産売り場が密集している所に雰囲気がよく似ている。アンコールワットほど賑わっているわけじゃないけど、木とか色とか店の雰囲気が夏っぽいですね。

 

ここら辺は「豆腐花」という看板をよく見かけます。豆腐花(ダウフファ)とは、豆腐が原料の冷たいデザートのこと。
シロップをかけて食べたり、いろんな味があるらしいよ。

香港蒸し暑いし、歩き疲れたら入ってみてね♡

 

スポンサーリンク



 

 昂坪広場(Gong Ping Piazza)を歩く

そこを抜けたらお待ちかねの昂坪広場(Gong Ping Piazza Pai Lau)です!

牌楼(Pai Lau)


牌楼(Pai Lau)

真っ白な門と大仏さまのツーショットが撮れた(* ´ω`*)♪

昂坪広場(Gong Ping Piazza)っていうのはここら一帯の広場のことで、この牌楼(Pai Lau)は広場の入り口に当たります。

 

牌楼(Pai Lau)とは中国の建築様式のこういう門のことを言うそうです。
この牌楼(Pai Lau)とこの先の寶蓮禪寺(Po Lin Monastery)は清時代のスタイル

中国史好きのあなた、メモメモ!!

菩提路(Bodhi Path)

それでこの門から寶蓮禪寺(Po Lin Monastery)までの道が菩提路(Bodhi Path)と言います。

 

ここでは牛さんたちがみんなのアイドル♡

暑くてダルそうにしてて、起きてくれなかった笑

 

お土産やさんもあります。

12神將石像(12 divin generals stone statue)

この菩提路(Bodhi Path)の中でのみどころは12神將石像(12 divin generals stone statue)と言われる仏像たち。

全部ではないですが、一部だけ紹介。

 

(左)迷企羅大將 THE GENERAL MIHIRA (右)安底羅大將 THE GENERAL ANDIRA

(左)頞儞羅大將 THE GENERAL ANILA (右)因達羅大將 THE GENERAL INDRA
台座のところにそれぞれが象徴する十二支の動物と時間が書かれています。

これらの石像に向かってお祈りしている方もいました。

 

私も自分の干支の神様お祈りしておけば良かったかな(・ω・`)←

地壇(Di Tan)

通りの出口にはまたまた立派な門が!
実はこれ、厳密には門ではありません。
地壇(Di Tan)という祭壇です。祭祀が行われるときに使うそう。

 

白と金色だけなのがおしゃれで私は好きです。((カメラマン失格なほど、左に寄り過ぎているこの写真))

 

またこの地壇(Di Tan)が天壇大仏、寶蓮禪寺(Po Lin Monastery)、心経簡林(Wisdom Path)への入り口になっています。

 

通りの先には寶蓮禪寺(Po Lin Monastery)。

右にちろっと見えてるのが地壇。

 

右を振り向くと、天壇大仏。

 

階段の高さよ。

さ、先に寺から見ることにするかな…
これで体力使ったら見る気しなくなっちまいそうだしね。(←ババア)

 

それから、この写真で左側に行くと心経簡林(Wisdom Path)への道になります。


ここから歩いて15-20分程度だよ。

 

さ、まずは1番体力使わなそうな寶蓮禪寺から回るとするかな٩( •̀ω•́)و

スポンサーリンク


アクセス情報

今回歩いた道の地図はこのようになっています。

Google Mapでも確認できるよ。

次の記事はメインディッシュ1つめ、寶蓮禪寺(宝蓮禅寺:Po Lin Monastery)のレポートです。お楽しみに!

最後まで読んでくれてありがとう♡

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です