【昂坪(ゴンピン:ngong ping)観光】ケーブルカー:ゴンピン360での行き方&お得なチケット購入方法 香港女ひとり旅9

スポンサーリンク



香港のあまりメジャーではない観光地、それは昂坪(ゴンピン:ngong ping)
大概ガイドブックには、最後の方のページにちぃーさく紹介されています。
多くの場合、大嶼島(ランタオ島)って紹介されていることが多いかな。昂坪(ゴンピン:ngong ping)っていうのはランタオ島内にある観光地の地名のことです。

 

なうん

だって昂坪には世界最大の大仏に!美しいお寺に!!パワースポットに!!!と魅力的な場所が沢山あるのに…


もっと大きく紹介されるべき場所だと思うぞ(-公- ; )

これは本当に嘘ではなくて、香港旅行の中で一番心に残った場所が昂坪だったなと思うくらい。せっかく香港行くならゴンピン寄ってこうぜってことで、第1回目は行き方の紹介です。

スポンサーリンク



昂坪(ゴンピン Ngong Ping)へ行く4つの方法

昂坪(ゴンピン Ngong ping)へ行くには基本的に以下の4つの方法があります。

  1. 東涌(Tung Chung)駅B出口から”昂坪360″というケーブルカーに乗る
  2. 東涌駅B出口から23番バスに乗る
  3. 東涌駅からタクシーに乗る
  4. 中環駅から梅窩(Mui Wo)行きフェリーに乗り、梅窩から新大嶼山巴士(新ランタオ島バス)2番バスに乗る

 

1番安いのは2の東涌駅からバスで行く方法です。
私は女ひとりなのでタクシーは出来るだけ避けたかったし、広東語が分からないからバスはちょっと難しい…ということで、分かりやすくて安全な1のケーブルカーで行くことにしました。

なうん
ちょっと値段は高いんだけどね><
せっかく観光だし、ケーブルカーに乗ってみるのもありかなと思って。
ケーブルカーは悪天候の日は運行していないので、その時はバスかタクシーで行くしかないのでご注意ください。

というわけで今回は東涌駅から行きましたので、上記1・2・3の方法に関する東涌駅の様子について以下簡単に説明いたします。

昂坪(ゴンピン Ngong ping)360に乗るならB出口へ

東涌駅を降りるとケーブルカーマークがところどころにあります。B出口の昂坪360(Ngong Ping 360)が今回の行き先です。

バス/タクシーで行きたい人は

バスで行きたい方もB出口を出て巴士總站(Bus Terminus)を目指してください。

概要:東涌駅B出口からバスで昂坪に行く方法

  • 料金:
    平日:17.2香港ドル(約258円)
    休日:27香港ドル(約405円)
  • オクトパス:使用可能
  • 運行間隔:20分から30分
  • 所要時間:約20分ほど

 

なうん
あくまで概要なので詳しいことはググってください!

 

タクシーで行きたい方はD出口の大嶼山的士(Lantau Taxi)へ。

タクシーを希望する方は必ずD出口から出てください。
なぜなら、A出口の市區的士(Urban Taxi)は、香港島全域/香港国際空港/ディズニーランド行きのみのタクシーだから。つまりA出口のタクシーは、ゴンピンには行ってくれないので注意!

MTR東涌線と東涌(Tung Chung)駅について

MTR東涌線の車内には案内板にケーブルカーの絵が書いてあるのでそれが目印です。

駅に着いてからも基本ケーブルカーマークを探しながら行けば到着できることになります。

なうん
このMTR東涌線は香港の多くの路線とは違い地上を走る路線です。
景色が見れて楽しいんだけど、他の地下鉄路線と違って結構揺れます。危うく乗り物酔いしかけたので、心配な方は酔い止めをお持ちください。

 


また東涌(Tung Chung)駅周辺の位置関係はこんな感じになります!
ケーブルカー乗り場/バス乗り場へは駅から徒歩3分程の距離だよ。

スポンサーリンク



 

東涌駅からケーブルカー乗り場への行き方

なうん
ここからは東涌駅B出口を出てからケーブルカー乗り場への行き方の紹介です。

B出口を出ると大きなCity Gate Outletというショッピングモールが見えます。そのショッピングモールの左手奥に↓こんな景色が見えると思います。

つまり、ショッピングモールを前に見て左側に進んで行く形になります。

 

その後、赤い矢印方向に進んで行くと↓の景色が見えるはずです。拡大しまーす。

 

案内板にCable Car Terminalの文字が!

 

↑の案内通りに進むと、sunshine house for the love of childrenという看板が見えます。
ここら辺で矢印方向(道路の反対側)に渡れる信号があれば渡っておきましょう。

 

なぜならこの建物↓がケーブルカー乗り場になるんだけど、この奥の建物からはチケット購入場である上の階に上がれないのね。
上の階に行くには写真の建物の道路挟んで手前側から行かなくちゃいけません。

 

分かりやすく言うと、つまりこういうことです。さっきの“sunshine house for the love of children”の看板を道路越しに眺められる位置にいるのが正しい行き方ということになります。

 

そうすると”To Cable Car Terminal”という看板が見えるのでここまでくればもう安心。

 

このようなエスカレーターを見つけたらクリアー!

日本語も書いてあるぞ!

 

ここがチケット売り場へ並ぶ列です。
誰もいないように見えますが、この先にめちゃくちゃ並んでました。(平日なのに)

なうん
ここからチケット買うまで約40分、さらに乗るまで約10分かかりましたorz
日本のガイドブックに載ってないとはいえ(確かに日本人はいなかったけど)、海外では人気なのかもね。

 

スポンサーリンク



 

昂坪(ゴンピン Ngong Ping)360 チケットの種類

そして待つこと40分…ようやく先頭に辿り着きました(長かった)

英語が通じますのでここはご心配なく。日本語は通じません。

 

 

チケットの種類(窓口で買える当日券)は以下の通りです。

当日チケット概要

大人 子供
(3-11歳)
シニア
(65歳以上)
水晶車廁
(Crystal Cabin)
315$
(4725円)
190$
(2850円)
235$
(3525円)
標準車廁
(Standard Cabin)
235$
(3525円)
110$
(1650円)
155$
(2325円)
1+1来回纜車
(1+1Round Car Experience)
290$
(4350円)
165$
(2475円)
210$
(3150円)
360前年通
(360 Annual Pass)
550$
(8250円)
  • 水晶車廁(Crystal Cabin)→天井と床もガラス張りのケーブルカー
  • 標準車廁(Standard Cabin)→窓だけガラス張りのケーブルカー
  • 1+1来回纜車(1+1Round Car Experience)→片道1回ずつ水晶車廁(Crystal Cabin)と標準車廁(Standard Cabin)を体験できるチケット

※上記は2019年6月現在のもので写真撮影時(2018年2月)とは異なり値上がりしています

なうん
それにしてもケーブルカーひとり4000円って…バスで行ったら往復でも800円なのに。

ちょっと道に迷ったとしてもバスで行くという選択肢もありだと思います。5倍は流石に高いもん。年パスはかなり安いよね。2回行くだけで元が取れますものね。

 

お得な360娛樂套票(360 Fun Pass)というものもありました。

360娛樂套票(360 Fun Pass)セット概要

  1. 來回纜車(ケーブルカー往復チケット)
  2. 與佛同行(Walking With Buddha)チケット
  3. 360 VR 體驗館 (Admission to VR 360) チケット
  4. 360動感影院(Motion360)チケット(Discover LantauかLittle Ant Adventureのうちから1つ)

360娛樂套票(360 Fun Pass)料金

大人 子供
(3-11歳)
シニア
(65歳以上)
水晶車廁
(Crystal Cabin)
390$
(5850円)
標準車廁
(Standard Cabin)
315$
(4725円)

※セットになっているのは”ケーブルカーを登った先にある”アトラクションのチケット
※ショーのスケジュールや所要時間については公式サイト参照
※上記表は全て2019年6月現在のもので写真撮影時(2018年2月)とは異なります

こちらはアトラクション付きなのでお子様連れにオススメのチケットかな?

昂坪(ゴンピン Ngong Ping)にはこのようなショーのほか、お寺など観光名所がたくさんあるので、これを買うなら朝早く行くの必須ですね。

スポンサーリンク



 

昂坪360:お得なチケット購入方法

読者さん
チケット往復4000円はちょっと高い…安く手に入る方法はないの?
読者さん
出来れば並ぶ時間は少ない方が良いんだけど…
なうん
その場合は事前予約でEチケットを取るのがオススメ!
例えば…

  1. 公式サイトで予約する方法
  2. 楽天グループの旅行会社Voyaginで予約する方法

などがあるよ。

私の場合、平日の昼に行って40分間も並んだので事前に予約して行かれることを強くオススメします。13時ごろケーブルカーを降りたので、観光名所は全部回れませんでした泣)))

以下、それぞれメリット/デメリットがありますので紹介していきますね。

公式サイトでの事前予約

公式サイトでは事前予約をすることが可能です。

引用:”昂坪360″https://www.np360.com.hk/jp

事前予約@昂坪360公式サイトの特徴

  • 対応言語:英語/広東語/北京語 ※トップページのみ日本語対応
  • 使用可能カード:VISA/mastercard/AMERICAN EXPRESS/worldpay
  • 決済通貨:香港ドル
  • 当日予約:可能
  • 日付時間指定:必須
  • 割引:キャンペーンチケットならあり(12%OFFや32%OFFなど)
  • eチケットなので当日並ぶ必要なし&印刷不要

 

公式サイトで予約するメリットは、現在行われているイベントやアトラクションなど様々なオプションをつけることが可能です。また当日予約も可能なので滑り込みでチケットを買えるのも良いよね。

心配な点は、日付と時間指定必須なので悪天候で運行されなくなった場合どうなるのかなというところ。日本語は対応していないので何か質問やトラブルがあった時に不安かな。

Voyaginでの事前予約

こちらは楽天グループの旅行会社Voyaginから、よりお得なチケットを購入する方法です。

引用:”Voyagin(ボヤジン)”https://www.govoyagin.com/ja

事前予約チケット@Voyaginの特徴

  • 対応言語:日本語 電話での日本語サポートも可能
  • 使用可能カード:VISA/mastercard/AMERICAN EXPRESS/JCB/Diners Club/Discover/PayPal/UnionPay
  • 決済通貨:日本円
  • 当日予約:不可※常に翌日以降
  • 割引:10%OFF
  • 日付時間指定:不要
  • eチケットなので当日並ぶ必要なし&印刷不要

 

Voyaginのメリットは何と言っても、全て日本語対応/日本語サポート付きのところ。それに日付時間指定の必要が無く期限内ならいつでも使用可能なので、例え天気が悪くても寝坊しても体調が悪くてもw、違う日に変更できるのも魅力的。

ただチケットは往復チケット2種類のみ(※シニア割は無し)になりますので、アトラクションの予約もしたい!という方には不向きかもしれない。それから当日予約は出来ません。

 

スポンサーリンク



 

昂坪360のその他サービスと注意点

全てのチケットはパンフレットと割引券付き

チケット購入時にパンフレットと割引券のリーフレットがもらえます。

パンフレット

 

中はわかりやすい地図になっています。

これは私のような方向音痴にも、とても易しい地図で助かりました笑

 

もうひとつもらえるのがAMAZING PRIVILEGES FROM NGONG PING VILLAGE

 

中身は全て割引券になっています。めっちゃたくさんついてます。しかもほとんどのお店で利用可能。
これは利用しない手はないね!  名前の通りAMAZINGです笑

なうん
ただこれは有効期間があるから今しか配られないのかもしれないし、期間が過ぎたら別の割引券がもらえるのかはわからないけど…

荷物預かりサービス

実は香港国際空港からとっても近い昂坪360では、フライト前後にふらっと立ち寄る方のために荷物お預かりサービスがあります。
しかも気を利かせてか、タクシースタンドの側にあるそうです。便利ねぇ…

小腹が空いたら売店へ

ちょっとした飲み物や食べ物などが売っています。


並んでいる列の途中にあるので、私はひとりだったけど友達といれば並びながら誰かが買いに行くのが退屈しなくて良い過ごし方だと思う笑

WeChartを登録しておこう

NP360_HKというゴンピン360の公式アカウントがあります。Wechartアカウントを持っている場合はこれをフォローすると、ゴンピン360にあるお土産ショップで10%のディスカウントをしてくれるそうです。

 

試しに読み込んでみた↓
Wechartって登録するときにSMS認証する必要があり、海外SIMを使っていて電話番号が変わっている場合やWiFiを使っている場合は登録できないことがあるので事前に日本で登録しておくのがおすすめ。

別にこのためだけに登録する必要はないと思うけどさw

WiFiあるよ

写真左下にご注目!
WiFiも通ってます、便利!

トイレもあるよ

読者さん
トイレぐらいあるだろうよ、心配してないよ( ̄-  ̄ )
なうん
私みたいにトイレが近い人間にはトイレ問題って重要なのよ、わかって!笑

チケット売り場を抜けた奥の、ケーブルカー乗り場の手前にトイレがあります。安心してください笑

昂坪(ゴンピン:ngong ping)360乗車時の注意点

最後にケーブルカーに乗り込む際の注意点です。

  • ケーブルカー営業時間→
    平日:10:00-18:00
    休日:9:00-18:30 
  • ケーブルカーに水以外の飲食物の持ち込み禁止
  • ケーブルカー/レストラン/お店/アトラクション内での喫煙、ポイ捨て、ツバ吐き禁止
  • 悪天候の時は運行しない場合あり
  • ペット持ち込み不可

 

なうん
日帰りで帰りたい方はケーブルカーの営業時間には特に注意してね!

 

スポンサーリンク



 

昂坪(ゴンピン:ngong ping)360 乗車レポート

ではでは無事にチケットを手に入れましたので、ここからはケーブルカーに乗ってみたレポートです。(お待たせしました)

 

今回クリスタルキャビンは高かったので、スタンダードキャビンの往復券を購入しました。

スタッフさんによると”往復チケットだから必ず無くさないように”とのこと。

チケットを買った後に更に10分くらい並んだかな。水晶車廁(Crystal Cabin)で行く人の方が多いです。観光メインでこだわらない方は標準車廁(Standard Cabin)チケットがオススメ。

 

おっ、きたきた♡(やっと)
だいたい6人程で相席になります。それから乗るときに一眼レフで写真を撮ってくれます。(写真は下車後に購入可能)

なうん
撮って欲しくなければ拒否もできるよ。私はひとりなのでお断りさせていただきました←

ケーブルカーの車窓から

乗車時間は約20分。たっぷり外の景色を楽しめます!

乗ったら皆さんこぞって撮影タイム。車内にシャッター音がひっきりなしに響き渡る笑

 

めちゃくちゃブレてるんですけど、香港国際空港も見えます↓

 

海の上、たかいたかーい。((落ちたらどうなっちゃうのかしら))

 

 

お城みたいな門大仏が見えてきました!
ふふ、もうすぐゴールです!

 

ついた、ついた。(やったね☆)

 

降りて左手のところで撮ってもらった写真が確認できます。

 

下車後にも売店あり

 

さぁやっと着いたので、早速観光に行くとしますかね(`・ω・´)

…と思ったけどお腹すいたから先にご飯食べなきゃ。

というわけで次は昂坪(Ngong Ping)ランチのお話です。最後まで読んでくれてありがとうございました!

スポンサーリンク


おまけ:帰りの乗り場にはお土産屋さんがあります

はい、これは帰りに撮った写真です。
ここはお土産売り場。


ここは広いところでお土産の種類も豊富です。値段はかなり高めだったけど^^;;

 

大好きなスーベニアメダルもあった!
しかし、Out Of Service……orz
結局何も買わずに帰ったよ笑

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。