南山コル韓屋村(=남산골 한옥마을 ナムサンコルハノクマウル)の楽しみ方 韓国女ひとり旅56

スポンサーリンク



今日はここ↓

南山コル韓屋村(=남산골 한옥마을 ナムサンコルハノクマウル)に言ったお話♡

スポンサーリンク



南山コル韓屋村ってなに?

「南山コル韓屋村ってなに?(´゚ω゚`)」

…すみません、説明が必要ですね。

ここは、文化体験施設で昔の貴族/庶民/両班(ヤンバン)が住んでいた家屋を再現している場所です。

この「伝統家屋エリア」の奥には、「伝統公園エリア」「タイムカプセル広場」という大きくて広い公園があります。(詳しくは後述!)

アクセスは地下鉄3・4号線忠武路(チュンムロ)駅4番出口から徒歩5分。
ここは火曜休館ですのでご注意を!
入場は無料です♡


近くにはこんな案内表記もあるよ。

スポンサーリンク



早速行ってきた!

正面の右側にこんな建物があるのでここでパンフレットをもらってね。

日本語もあります☆


ふふわくわくしてきた笑

入るとすぐは伝統家屋エリア!


これ入り口の門。「立春大吉」「建陽多慶」

このお札、韓国の門によく貼ってあります。

「立春大吉」は文字が左右対称だから縁起が良いんだって。
「建陽多慶」は幸せを祈る意味があるらしいんだけど詳しいことはちょっと分からなかった…

無料ガイドあり!


多言語での無料ガイドも行ってくれるそう。

日本語は、月曜と水曜日それぞれ10:30からと12:00から。
私は参加しなかったけど何人か日本人集まってました。

 

ちょっと話が脱線しますが、この看板の裏がトイレなのね。


トイレ目の前なのに「徒歩2分」ってわざわざ書いてあるのが個人的につぼだった笑

泉雨閣


泉雨閣かな。


鯉がいたん。


こちらはカフェ&ショップ

王仁洞伊氏家屋

王仁洞伊氏家屋(純宗という皇帝の義父のお家)という場所から探検しました!!


家具もきちんと再現されています!


個人的には台所を見るのが好き♡(単純に食べ物が好きなだけ)


源氏物語に出てくるようなお姫様を乗せる籠みたいな感じがする。(違うかもしれない)


なんかトイレっぽい…


キムチとかを閉まったのかな…?

祭基洞 海豊府院君 尹澤栄 斎室

続いて、祭基洞 海豊府院君 尹澤栄 斎室(同じく純宗の皇后のお家) へ!!

こういう奥へ奥へ…と続いてる感じがわくわくします笑(にも同じ感想行ったのは忘れてください笑)


機織りや…


寝具もさっきの家屋とはちょっと違う。


廊下もすごい。


しかしカレンダーは現実的にも2017年笑

 


かまどー♡(単純に食べ物が好きなだけ)


これキムチの冷蔵庫なんだって!!(って日本語ガイドさんが言ってるのを又聞きした←)


冬芽が美しかったです。

他には…?

…他にも
三清洞 五衛将 金春栄 家屋(上流階級の家)と寛勲洞 閔 氏家屋 (平民の家)と三角洞 都片手 李承業 家屋(景福宮改築の際に働いた棟梁の家だそう)がありますが、後は実際に言ってご覧下さい♡


色々と違いが見れて楽しいんではないかと!

でも、出来れば日本語ガイドさんと一緒に行った方が良いと思うな…
正直言って何がどう使われるのかとかよく分からなかったし…

と、ここでおじさんと仲良くなる笑

…そうそう見学してたらね韓国人のおじさんに写真を撮ってくれて頼まれたの。

そしたら「撮ってあげる」って言ってくれたので撮ってもらうことにしました。

出来上がり図笑(足だけで失礼←)

人に撮ってもらうなんてほとんどないので正直なかなか緊張した。

「1人で来たの?」とか「ここに関心があったの?」とか色々と話しかけてくれました。

よっぽどここに1人で日本から来ていたのが珍しかったらしい。
(あんまり理解できなくてごめんね、話しかけてくれてありがとうおじさん。)

この人とは後で面白いことがあったのでその話は後ほど笑

奥は広い公園エリアです!

「伝統家屋エリア」は一通り見たので奥の公園に行ってみることに。

奥の方にエレベーターがあった。(コレ降りたらどこ行くのかは謎笑)

この辺りはちょっと高い場所なので少し高いところからの景色を楽しめます。(といってもあまり良い景色ってわけじゃないけど笑)


ソウルタワーも!天気が良ければよかったな…


お花が奇麗でした♡

望北楼

ここは公園の1番奥にある建物、望北楼

ソウル千年タイムカプセル広場

…でそこからもと来た道を振り返ると…


コレなんだと思う?+・`ω・´)(何故にキメ顔)


これね、タイムカプセルなんです。

正確には「ソウル千年タイムカプセル広場」
私も最初思った、「タイムカプセル」って何だよって笑

近くにこんな機械があるので笑

調べたところ…(日本語ありよ!!)
ソウルって1994年が定都600年らしく、その記念に市民の生活用品とか写真とかを保存しておくことにしたんだって。それが、「定都1000年になる2394年に掘り起こされる」予定になっているらしい。

 

…へぇ、そんな面白いことやってるのね…!!
(最初「何それ?!」とか思ってすみません。)

どこに埋められてるのかとかは分からなかったけど…


こんなものも!


真ん中に「서울(=ソウル)」って書かれてます。

あ、そうそう。ここは裏からでも出られます。


カワイイ感じのカフェもあります。

ここらで何か買ってさっきの望北楼で休んでいる人とかもいたし。


でもちょっと入ると少し暗めの雰囲気なので私はちょっと行くのを遠慮しました。

アートミュージアムが沢山あります

他のみどころとしては…
ちょっとしたアートミュージアムが所々にあってなかなか個人的には楽しめました。


中チラ見せ笑

↓ここは別のところ。


これハングルが書いてあるんだけど…今見るとちょっとゾクってします。

 

何コレ?って思いながら近づいたら…

 


なかなか面白い発想の展示でちょっと感動笑
底が深くなっていて本当に1番下の底は鏡になっていました。

伝統家屋もちょいちょいあるよ

もう1つのみどころが伝統家屋。

さっきの望北楼もそうだけど、他にもこういうのとかね。
遊んでいる親子連れがいた^^

…こんなもんかな。

メインゲート近くにはカフェと国楽堂が☆

あとはメインゲートの方に戻ってきて…

ここは国楽堂カフェ”タバンサ”(茶飯事)


メニューの写真撮りましたが、値段が書いておらず…
日本語が書いていないからちょっと分かりづらいかな…


ここが国楽堂。国学専門のホールなんだって。
行った時は閉まってたけど。


これはちょっと気になって撮った笑

感想とまとめ

…で写真は以上なんだけど。

感想としてはいろんな家具が見れたし、楽しめました。

でも私今まで韓国の世界遺産沢山見ていて、そこにも家具とかはいっぱい展示してあるのね。
世界遺産の中で見る方が正直面白いかなと思った^^;

奥の公園は天気がよい日に家族連れと遊びにくるのが良いかもしれない。

ここは観光客というより地元の韓国人が遊びにきていました。

ガイドさんがいればもっと楽しめるのは間違い無し!
日本語の説明書きも少ししかないし、日本語ガイドがあるときに是非行ってみて!

それでね、ここはいろんな「体験プログラム」があって韓服を着れたり、ハングルを学べたり、礼儀作法を学べたりするプログラムがあるんだって。
※詳しくはホームページ参照とのこと。

文化体験が出来るのがここの魅力よね。

それをやれたらかなり楽しめるのではないかな^^!

他の行きたいところを優先してもいいかなとは思う正直笑

でも家が好きな人は必見です!
私はかなりゆっくり見たけど、1時間半で回れました!

アクセス情報


地下鉄3・4号線忠武路(チュンムロ)駅4番出口から徒歩5分
入場時間:9:00~21:00(4月から10月) 9:00~20:00(11月から3月)
入場料:無料
休館日:火曜日

おじさんとの出会い、その後笑

あ、そうそう。

さっき写真を撮ってあげたおじさんの話だけど笑

一通り見終えて、次の目的地に行くために忠武路駅で電車待ってたのね。

そしたら「よっ!」て肩を叩かれまして、
振り返ったらなんとさっきのおじさんがいたの笑

「ご飯は食べたのか?」って言うから「これから南大門にカルグクス(韓国式うどん)を食べに行くのー。」って話したら
「一緒に行こうか?」というのでそれはさすがにお断りしましたが笑

私が駅で1人で待っていたから、
「まじで1人で来たの?怖くないのか??」
って非常にびっくりしておりました笑
(写真撮ってあげた時も1人で来たよって言ったんだけどあんま信じてなかったらしい。)

それで最後に名詞くれて「連絡してね^^」って言われたっていう←

地元の人とこんなに話すこと無かったし、なかなか面白い体験をしました。
っていうそれだけの話なんだけど←

ちょっとほんわかしました♡

1人旅の醍醐味ってこういうところにあるよね…!!

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です