【香港ディズニーランド】意外とひとりで乗りやすいアトラクションランキング 香港女ひとり旅48

スポンサーリンク




香港ディズニーに2日連続でひとりで楽しんできたなうん(@Naa_eun21)です。

 

ひととおりアトラクションを全制覇して来ましたので、今回はひとりでも楽しめたおすすめアトラクションをご紹介します!

 

今回は待ち時間が表示される、かつ絶叫系以外の以下のアトラクションから選び抜きました。

  • 香港ディズニーランド鉄道:香港迪士尼樂園鐵路
  • ターザン・ツリーハウスいかだ:前往泰山樹屋之木筏
  • ターザンのツリーハウス:泰山樹屋
  • ジャングル・リバー・クルーズ:森林河流之旅
  • ビッグ・グリズリー・マウンテン・ラナウェイ・マイン・カー:灰熊山極速礦車
  • ミスティック・マナー:迷離大宅
  • トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ:玩具兵團跳降傘
  • スリンキー・ドッグ・スピン:轉轉彈弓狗
  • RCレーサー:沖天遙控車
  • バレル・オブ・ファン:歡樂桶
  • ミッキーのフィルハーマジック:米奇幻想曲
  • フェアリーテール・フォレスト:童話園林
  • 空飛ぶダンボ:小飛象旋轉世界
  • シンデレラ・カルーセル:灰姑娘旋轉木馬
  • ファンタジー・ガーデン:夢想花園
  • マッド・ハッター・ティー・カップ:瘋帽子旋轉杯
  • イッツアスモールワールド:小小世界
  • ザ・メニー・アドベンチャー・オブ・ウィニー・ザ・プー:小熊維尼歷險之旅
  • ハイパースペースマウンテン:星戰極速穿梭
  • スター・ウォーズ™:コマンド・ポスト:星球大戰™ : 指揮站
  • オービトロン:太空飛碟
  • アイアンマン・エクスペリエンス:鐵甲奇俠飛行之旅
  • Iron Man Tech Showcase:鐵甲奇俠裝備展

 

待ち時間が表示されないもの、時間ごとに先着順で入れるショーや公園型のアトラクションについては対象外です。(この辺りはひとりでも楽しめます。)

またひとりで楽しめる絶叫系アトラクションに関しては別記事でまとめています。

 

ここに載せているものはひとりで楽しいかどうか基準で選んでいます。
ここに掲載していないアトラクションがつまらないという意味では決してありません。

スポンサーリンク



第1位:アイアンマン・エクスペリエンス

第1位はアイアンマン・エクスペリエンス!

Iron Man Experience(アイアンマン・エクスペリエンス:鐵甲奇俠飛行之旅)

ここは3Dシアター型のアトラクションです。
TDLのスターウォーズ 、昔TDSにあったストームライダーと形式としては似ています。

 

なんでこれが1位かっていうと、

  • シアター型なのでみんな前の画面に集中してる
  • 一度に大人数で一緒に乗る
  • 周りが暗いからひとりだって目立たない
  • (スタンバイの待ち時間は長めだけど)ファストパス対象
  • 内容も他のアトラクションに比べて大人向け

 

で、おひとりさまにはもってこいだから笑

 

スタンバイの待ち時間は15-30分と香港ディズニーランドにしては長めなのでひとりで並ぶのは辛いかもしれないけど、

 

それ以外に懸念点はありません(`・ω・´)!!(断言)

ひとりでも楽しめる、お勧めできるアトラクションです◎

第2位:ミスティック・マナー

第2位はミスティック・マナー!

Mystic Manor(ミスティック・マナー:迷離大宅)

内容だけで言えばホーンテッドマンションに似てるけど、実はタワー・オブ・テラーと深いつながりがあるこのアトラクション。

 

なうん
実は1位のアイアンマン・エクスペリエンスとかなり迷いました。

ひとりで楽しめる要素としてはアイアンマン・エクスペリエンスの方が多いなと思って1位にしたのですが、内容だけで言えばわたしはこっちの方が好きです。
(これはもう完全に個人の好みの問題)

 

 

ここはファストパスはありませんが、混んでいる日でも5分-10分で乗れるのが魅力。

中も暗いのでそんなには目立ちません。

 

あとワゴンが4人乗りなので、それだけが慣れていないとちょっと気になるかも^^;
((後ろに楽しそうな女子高生とかいると気まずくなったりするじゃん))

 

中は骨董品とか美術品など、大人でも楽しめる内装でわたしは楽しかったです。

こういうライド型のアトラクションって、何度も何度も乗って新しい発見をするっていう楽しみ方ができるじゃない?

 

ここは“宝物に溢れる真っ暗な屋敷”なので特にそういう楽しみ方が合ってます。
何度も乗って楽しめるよ笑

第3位:ターザンのツリーハウス

第3位はターザンのツリーハウス!

 

TDLのスイスファミリー・ツリーハウスやトムソーヤ島と似た、ウォークスルー型のアトラクションです。

Tarzan’s Treehouse(ターザンのツリーハウス:泰山樹屋)

なうん
そう、ひとりひとり好きなところを自分のペースで見ているので誰がおひとりさまかなんて分かりゃしません。

ここにたどり着くために乗らなきゃいけないターザン・ツリーハウスいかだだって、大人数でまとめて乗るので気にする必要なし笑

 

 

正直な話、上記2つのアトラクションと比べてしまうと内容はお子さま向けに作られているので、その点はちょっと物足りなく感じる部分はあります。

 

 

だけどわたしは模型が好きなので、こんな実験道具を眺めてるのは面白かったです。

 

1番オススメの楽しみ方は探検しながらフォトスポットを探すこと!
ひとりでじっくり見れるからこそ、自分だけの良い景色を探すことができます。

 

壁や地面に目を向けると面白い発見があるかもよ!

番外編:トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ

なんで番外編があるかって?

Toy Soldier Parachute Drop(トイ・ソルジャー・パラシュート・ドロップ:玩具兵團跳降傘)

なぜならここは香港ディズニーランドで唯一シングルライダー制度を導入しているアトラクションなんです!!

 

おひとりさまオールウェルカムです。
ここだけは堂々とひとりですって言えます笑

 

おひとりさまは優先的に乗せてくれるので、これは使わない手はない。
(シングルライダーを使って乗っている人結構います。)

 

1つのワゴンは3人×2乗り(ワゴンの裏表にそれぞれ3人ずつ)なので、ひとり空きが出た時に乗せてもらえるよ。これはTDSのジャンピン・ジェリー・フィッシュの屋外版みたいにワゴンが上下に動く乗り物。

 

高いところが好きな方は楽しめるはず!写真撮りながらディズニーランドを一望できます♡

スポンサーリンク


逆にひとりで楽しめなかったアトラクションは?

なうん
あ、逆に聞きたい?(小声)

 

強いて言うなら、マッド・ハッター・ティー・カップかなぁ…

 

TDLのアリスのティーパーティーと同じアトラクションなんだけど、
これは友達とぐるぐるハンドル回しながら動画撮って楽しみたいよね。

ひとりでぐるぐるぐるーってやっててもなんか、ねぇw
景色もあまり変わらないし、ここは友達と来てこそ楽しめる場所だと思います。

 

それにここは人気があって、特に混雑日は30分程度待たなくてはならないのもひとりにはちょっと辛いかな。

 

読者ちゃん
あとは?

 

なうん
よく聞くねぇ笑

 

更に、更に(強調)強いて言うなら、シンデレラ・カルーセルとスリンキー・ドッグ・スピンかな。

 

この2つ、ひとり1台乗れるのでひとりということは気にならないんだけどね。

シンデレラ・カルーセル

 

スリンキー・ドッグ・スピン

ただどっちかっていうと親子連れ向け(どっちもベビーカー置き場アリ)で、親御さんたちが周りから見守れるようになっているので、景色がそんなに変わらないのよね。

 

ここは友達と話しながら乗った方が楽しいだろうなと思いました。

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です