【マカオ世界遺産】大堂:カテドラル(Igreja da Sé)の見どころ マカオ女ひとり旅12

スポンサーリンク



今回行くのはマカオ世界遺産はカテドラル(大堂)

広東語では大堂(主教座堂)、ポルトガル語ではIgreja da Séと表記されます。
英語ではCathedral of the nativity of our lady

 

マカオには様々なキリスト教関係の世界遺産がありますが、ここはカテドラルなので他の教会よりも位が高い場所ということになります。

 

見た目は灰色で厳かな雰囲気なんだけど、内装は柔らかな色合いで癒されます。
何よりステンドグラスが素敵♡

なうん
夜は夜でライトアップされるらしく、ロマンチックな景色を楽しめるんだって!

 

スポンサーリンク



 

大堂:カテドラル(Igreja da Sé)とは

カテドラル(大堂)と書いてある本やサイト多いのですが、ここでは大聖堂(カテドラル)という表記になっていました。

大聖堂(カテドラル)

大聖堂は、カトリックマカオ教区の司教座がある中心的教会です。「望人寺」あるいは「大廟」の呼び名もあります。かつて、マカオ総督は、新任の際この教会で祝福を受けるのが慣わしでした。教会は、最初1622年頃に石灰、土、藁などを混ぜた「タイパ」と呼ばれる建材で建てられ、のちに台風で損壊したため、1844~1850年にマカオ出身の建築家によって再建されました。外形は荘厳かつ、清楚、内部も至ってシンプルな新古典様式です。教会入り口の門には、ラテン語で「この教会は聖母マリア生誕に奉げられた(“SS.M.V.MARIAE NASCENTI”)」と刻まれています。

引用元:マカオ世界遺産”大聖堂(カテドラル)”

なうん
タイパって氹仔(タイパ )島のタイパと関係あるのかな笑

って思わない?あなたはどう思う?笑

大堂:カテドラルの見どころ

大堂は(カテドラル)は、その名前がついているカテドラル広場の中にあります。

大堂:カテドラル(Igreja da Sé)

左奥の黄色い建物がそうかな?と思いがちですが、右側のあまり目立たない方が世界遺産の大堂(カテドラル)になります。

 

ちなみに黄色い方は天主教主教公署(Paço Episcopal Bishops House)という名前の建物です。

天主教主教公署(Paço Episcopal Bishops House)

ここは世界遺産じゃないけど、フォトジェニックだから写真撮るために寄っておくのオススメ笑

入り口

入り口の前の地面には船が描かれていました。
DUC IN ALTUMとはラテン語で”深いところへ”みたいなそんな意味らしい。

 

教会入り口の門の“SS.M.V.MARIAE NASCENTI”という文字はここにあるよ。
接写した写真を撮り忘れてしまったので、拡大してご覧ください。((ごめんね))

祭壇

中へ入るとすぐにあったのが掲示板

イベントのお知らせがいっぱい

下の新聞のようなものはPLEASE TAKE A COPYってあるけど…どこでコピー取るんだ?笑

 

 

祭壇はいい意味で期待を裏切られました。

 

みてみて!!

見た目の雰囲気から質素な祭壇を想像してたんですが、全然イメージと違ったわ。

 

白と淡い緑に、光の加減も良い感じに加わって癒されますね。眠くなりそう。

確かに説明書きにあった通り、今まで行ったマカオの世界遺産の教会に比べたらシンプルな作りになってるっていうのも分かる気がする。

それに今まで行ったところと比べると横に広いかな。
意外と中は広かったです。(“大堂”なんだしそりゃそうか)

 

 

この祭壇、もっと近いところで見たかったんだけどこれ以上は近づけませんでした。

祈りのエリア、関係者以外ご遠慮ください。

まじか(;」゚ロ゚)」

ミサの時間なら入れるのかな…?

 

 

仕方ないので最大限に拡大して撮影。私のiPhone6Sはこれが限界笑
ステンドグラスがとっても綺麗なんだけど、伝わるかな…?

 

 

こちらは入ってすぐ右側にいらっしゃるマリア様です。

 

左側には神様がたくさんいらっしゃいます。
真ん中が聖ヨゼフとキリスト、右側が聖アントニオ像、左は聖テレジアに似てる気がするけど…
右の窓際にいらっしゃるのはキリストかな…??(違ったらごめんなさい)

 

入り口側の天井

 

このステンドグラスは入り口の外側から見えるので見比べてみてね

 

ステンドグラス3

 

 

木版に彫られた聖書のシーンもあります。

  • (左)A VERONICA LIMPA o FACE de JESUS→聖ヴェロニカがヴェールをキリストに差し出しているシーン
  • (右)JESUS AJUDADO PELO CIRENEU→イエスの十字架を担いで歩いたキレネのシモン

 

 

これは出入り口近くにあった本棚
お祈りの時に使うのかな?

 

おみやげ屋さんもありました。(閉まってたけど)
写真の右下に写ってるMACAUって名前入りのスッテカーみたいなのちょっとオシャレ笑

 

スポンサーリンク



 

大堂(カテドラル)基本情報

  • 営業時間:7:30-18:30
  • 入場料:無料
  • 休館日:無休
  • 所要時間:5-10分程度

 

ミサの時間

ミサの時間も書かれていました。

広東語

  • 早朝平日ミサ(月曜-土曜)→07:45
  • 夕方平日ミサ(月曜-金曜)→18:45
  • 日曜ミサ→07:45/09:00

ポルトガル語

  • 平日→18:00
  • 土曜日→18:00
  • 日曜日→11:00

英語

  • 土曜ミサ→17:00/18:30

 

ミサは信者じゃなくても入れるよ◎
時間が合えば参加してみるのも良いね!

アクセス情報

  • マカオ公共バスで→2/5/6A/16/28B路線でM167番南灣大馬路/時代(Praia Grande/Si Toi)下車徒歩2分
  • マカオ公共バスで→2/2A/5/7/8/9/9A/12/16/22/25/N2路線でM144水坑尾街(Rua Do Campo)下車徒歩4分
  • 三街会館から→徒歩5分
  • カテドラル広場から→徒歩1分

 

※マカオ公共バスについては路線が変更されている場合があります。
バス路線図から探す場合はココから、停留所名から探す場合はココからM167番/M144番を探して、ご自身で確認をお願いします。

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です