韓国でkt M mobile SIMカードを設定しよう 使い方 チャージの仕方 韓国女ひとり旅6

スポンサーリンク



韓国でネットをどうするか

私は海外に行く時いつもルーターをレンタルして行くのだが、
今回は帰る日を決めていないこともあり、多めに見て1か月近く借りるとして見積もったところ、6万はしたのでさすがにそれは出せないな…と。

 

どうしよう。

 

そうだ、携帯をSIMフリーにするしか無い。

…ということで事前に自分の携帯を日本に居るときにSIMフリーにしておきました。

ちなみになうんが使っているのはiPhone6Sです。

以下、韓国でのSIMの設定の仕方を説明します。

スポンサーリンク



事前準備

・SIMフリーにしたスマホ


・SIMピン↓を持って行く。(私は没収が怖かったのでスーツケースに入れた)

※iPhone購入時の箱に入っています。


・パスポートの顔写真ページをスマホで写真に撮っておく。


・SIMカードの大きさを調べておく。(iPhone6sはnano SIMです。)

手順1 SIMカード購入


↑SIMカードは仁川空港のコンビニで買えます。

これが目印です。

本当はEG SIMが欲しかったんだけどその看板は見あたらなかった…

そのままレジに行き、「Nano SIM」と言えば店員さんが出してくれます。

 

「ぽいっ」って投げられた…(こわい)

 


買ったSIMがこれ。
kt M mobile34900ウォン(約3490円)  1G分

まあ安いとは言えないですな^^;

説明書は、韓国語/中国語/英語で書かれています。
日本語は無し。

 

手順2 WIFIを入れる

仁川空港ではWIfi飛んでますのでWifiをONにする。
このときはまだ機内モードもONにしておく。

そして、sim.ktmmobile.comへGo。
このサイトは、英語/日本語/中国語選択可!


出典:sim.ktmmobile.com

USIMと携帯番号とはカードに書いてあるこれのことです↓

自分が日本で使っている携帯番号のことではありません。

メールアドレスは自分のメールアドレス
(海外でも受診できるフリーアドレスが良いかと。Gmailとかね。)

申請するをタップ!!

 

手順3 スマホの電源を落とし、SIMを抜いて今買った方のSIMを入れる

必ず電源を落としてね!

それから元のSIMカードなくさないように。
初めて開ける場合は、SIMピンでちょっと強めに押さないと私は開きませんでした。

手順4 電源を入れ、機内モードOFF WifiOFF モバイルデータ通信ON

iPhoneの「設定」から機内モードをOF、 WifiをOFF、モバイルデータ通信ONにしましょう。

 

手順5 電源を入れたり消したり

上記のことが終わったら、何度か電源を切ったり入れたりします。
私は3/4回やってネットが繋がりました!!

↓繋がっているとこうなります。

結構すぐ繋がってよかった。(´・ω・`)

APN設定が必要かも…って心配していたのですが私のiPhoneは必要なかったです。

 

営業時間に注意!

※ただし、営業時間以内でないとよく営業日に開通することになるので注意!

営業時間:月曜~金曜 午前9時~午後8時
土日/祝日  午前10時~午後8時 (2017年2月現在)
土日もやっているのは安心ね!^^

その後、SMSにメッセージが送られてくるかと思います。(全部韓国語)


詳しい意味はよく分からないけど、注意事項とか、いつまでが使用期間です、とかが書いてあるみたいです。

速度について

WEBサイトは普通のスピードで見れます!困ったことは特にありません。

ライン等は問題なく送れますがたまに!のマーク付いていることがあります。
写真とかは若干送るスピードが遅い。

あと、Google Mapは上手く表示されなかったので
迷ってしまったときは仕方ないけど、出来ればサイトに載っている地図を見た方が無難です。

まあ外で必要最低限使うには充分ですね!

 

【番外編】チャージはどうしたら良い?

韓国に長居するなら、ネットを多く使うなら問題なのがこれ。

説明書によると…

どうやらコンビニで出来るらしい。

不安だったけどやるしかないので(なんせ今回はひとりなのだ)行ってみた。

 

GS25に行ったら対応してなかった

まず伺ったのがGS25

「I want to Recharge…」と言って上の部分を店員さんに見せてみる。

…そしたら「Designated Shop【専門店】へ行ってほしい。」とのこと。
専門店ってどこだよ…(-ω-;)ウーン

 

セブンイレブンに行ってみる

仕方が無いのでたまたま目に入ったセブンイレブンがあったのでそこに行ってみることに。

 

上記の方法と同様に紙を見せてみる。

 

そしたら店員さんがレジに何か打ち込んでいて…

(…お、出来るのか??))

「얼마예요?(オルマイェヨ)」【=いくらですか?】と、聞かれたので
「이만원(=イマンウォン)」【=2万ウォン】と答えました。

※説明書にもある通り、10000ウォン=500MBからチャージ可能です。
そしたら、「핸드폰번호(ヒュデポンボノ)」【=電話番号】と言われますので

SIMカードの台紙↓を見せましょう。

そしたら店員さんが打ち込んでくれます。

 

…と最後にお金を出して終了。

…えこれだけ??

心配だったので「끝났어요?【=終わりましたか】」と聞いたら「そうだ」とのこと。

そしたら速攻SMSが来ていました。

意味:チャージ金額20000ウォン 残り金額38400ウォン

これでチャージは完了☆

よかった、ひとりでも出来た(; ;)(感激)

多分この方法、説明書の3番目の箇条書きに書いてある「より便利な方法」のやり方な気がする…

どこのセブンでも出来るのかは分かりませんが、とりあえずセブンイレブンに行ってみるのが良いかもしれません。
(出来ないところもあるのかもだけど)

 

以上、韓国でのSIMカードの使い方でした!!

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です