カンボジア旅行記13【まとめ】お金/治安/持っていくべきものetc.

スポンサーリンク



やっと最終回になりましたね。
開いて頂いて有り難うございます。

今回はなうんがカンボジアに行って、治安やお金・持っていった方が良いなと思ったもの等等のご紹介です。

カンボジア渡航を考えている方は是非読んでね!

お金について

カンボジアの通貨はアメリカドルリエルという通貨です。

リエルは日本では手に入りませんので、アメリカドルを両替してから行きましょう。

↑これがリエルだよ。

ちなみにリエルは基本的には1ドル=4000リエル

ただしシェムリアップ等都心では1ドル=4100リエルになります。

シェムリアップでは、この基準はホテルやお店によってまちまちなことが多く、「ここではプノンペンと同じく4000リエル」「ここでは4100リエル」ということがありますので注意が必要です。
※私はプノンペンで1ドル=4001リエル以上というのは見たことがありません。

リエルは一番小さいものが100リエル札。
同じ100リエル札でも絵柄が違うものが結構あるので見ていると面白いよ!

カンボジア以外では入手不可なので記念に少し持って帰ることをおススメする笑
(ただし沢山持って帰っても日本ではリエルは両替できません)

あと結構くっしゃくっしゃなボロいリエル札渡されることってあるんだけど、
あまりにもボロいと他のお店で使おうとしても受け付けてくれないことがあるので注意。
出来ればボロいのから使った方が良いと思う笑

それから1ドル札、5ドル札と小さな額を持っていくにこしたことはありません。
(カンボジアって物価安いから観光地行くとき以外大きいお金そんな使わないんだよね。)

お釣りが出ないと言うことは経験したことはありませんが、
例えばナイトマーケットで、ある商品を値切って「2000リエルで良いよ」って言われたとするじゃん。

「1ドル払うからお釣りちょうだい」って言うと
「1ドルしか無いならこれは1ドルでしか売らないよ」と言われることはあります。

お金に関しては以上。

治安

悪くはありませんが注意は必要だと思います。
地方に行くと夜は暗いから気をつけてね。
シェムリアップは最大の観光地ながら、気をつけてほしいことが沢山あります。

シェムリアップのナイトマーケット

シェムリアップのナイトマーケットは治安が良いとは言えません。

川の向こう岸にあるんだけど、川を渡る橋に物乞いをする人達が沢山居ます。
ナイトマーケット行ったらまずスリに注意。
それからぼったくり。

以前の記事でアクセサリーを買おうとしたら「25ドル」と言われたと言う話をしたけど法外に高い値段を言われることがあります。
もし言われたら、「別のところで買うからバイバイ」と去ってしまえば基本的には大丈夫。
(値切りすぎて怒鳴ってきたりするんだけど気にしなくて平気だよ。
まあでも相手を怒らせすぎないように値切った方が良いのはそう。笑)

ナイトマーケットで気をつけてほしいのがセクハラ
「ハグしてくれたら安くするよ」
「キスしてくれたらもっと安くするよ」とか言ってくる人いないわけではありません。

まあしたくなければする必要ないんですが笑

無理矢理させられたと言う話は聞いたことは無いけど、でも気をつけた方が良いとは思います。

シェムリアップのPUB STREET周辺


写真分かりづらくて申し訳ないのだけど奥に「PUB STREET」って書いてあるのが見えるでしょうか。

お酒飲んだり、食事したりというところが沢山ある場所ですね。日本語しゃべる男の人、多いのよ。

「ちょっと待ってちょっと待っておねーーえさん!」
とかいって近づかれたり^^;(苦笑)
これはちょっとびっくりした。

気にする必要ないし無視してれば大丈夫ですが相手にはしない方が良いと思う。

ここでもスリには気をつけてね!
子供がぶつかってきて、お金とられてたなーんて話も友達から聞いたことあるので注意!

余談ですが、子供と言えばアンコール遺跡群の中でも子供の物売りが超くっついてきて「買って買って」と言ってきます。

トゥクトゥク

トゥクトゥクとはカンボジア式タクシー。
カンボジアには鉄道が無いので移動は基本トゥクトゥクです。

で、ぼったくられること結構あります。
前に「○時間後にまた迎えにきてほしい」と頼んだら、
「○時間待ったのだから○○ドル払え」みたいに要求されたことも。

まあこれに関しては見極めつかないのでなんとも言えないのだけど…
身の安全考えるなら払っちゃった方が良いのかな、どうなんだろ。

勿論良いトゥクトゥクの運転手さんも沢山居るんだけどね。
目的地の場所が分かりづらい場所だった時、一生懸命探してくれたトゥクトゥクのおじさまは、今でも印象に残っています。

ホテルで

ホテルではいつもスーツケースにカギをかけておき、日用品は基本的に出しっぱなしにしていました。
ホテルにもよると思うけどそれらがいじくられることはなかったです。

ただ友達が「食べ物外に出しっぱなしにしていたらなくなってたー」って言っていました。
食べ物以外はなくならないのに、食べ物だけは全て持っていかれてしまったようで(苦笑)

日本のお菓子に興味あったのかな笑
荷物には一応気をつけておいた方が良さそうです。

持っていくべきもの

除菌シート

もう、これは沢山持っていって持っていきすぎることはありません。
トイレに流せる除菌シートならなお優秀です。(100均に売ってるよ!)

私は食あたりが心配だったので、レストランで出される食器類は食べる前に除菌シートで全て拭いていました。(ちょっと失礼な感じもするが仕方ない)

トイレットペーパーがなかったり、トイレの水が流れないということもあるのでそういうときにも使えるし。

それに舗装されていない道路が多くて結構砂まみれになるから手を拭くのにも使えるしね。
大量に持っていって損することは絶対ありません笑

胃腸薬

はっきり言って、相当お腹強くないかぎりカンボジア行ってお腹壊さないなんてことは無いと思う。
胃腸薬必須中の必須です。

合羽(雨期にいくなら)

現地でも買えるとは思うのでそれで良いと言う方はいらないと思うけど、雨期(5月から10月下旬くらい)にいくなら合羽は必須です。
時にすごいスコールなんかも降るので、その場合正直傘は役に立たないと思うので。

その他伝えたいこと

wifi

wifiは、チェーン店のレストランやカフェ、ホテルでは使えることが多いです。パスワードを教えてくれと言えば持ってきてくれます。

繋がりにくいということも、無い訳ではありませんが。でも基本的には特にホテルはyoutubeみても支障がない程だった。

トイレ

トイレは横に水桶があって流すタイプが地方や外は多い。

ホテルやレストランは水洗が基本。水洗の場合流れずに詰まっていると言うことは本当に良くあります…

お風呂

お湯はね基本的には出ます。
ただ出にくい場所は結構ある。

水は出るのにお湯はチロチロチロ…しか出ないみたいな。

冷房

冷房は完備されてましたね。どこも。部屋やお店では快適に過ごせます。

お寺を参拝する時は

カンボジアは仏教国家。お寺を参拝するとき、お寺の中を通るときは帽子はかぶってはいけません。そのときだけでも取るのがマナー。

あと、王宮等は露出の多い格好禁止だそうです。暑くて苦しいかもしれませんが、せめて脚だけは長ズボンを履くようにしてください。

 

…と私が伝えたいのはこのくらいです。
最後まで読んでくれてありがとう。

他に何か聞きたいことがあればコメントやtwitterのDMに残してくださいな^^
カンボジアに渡航される方は参考にしてくだされば嬉しいです!

 

…さて、次の国はどこでしょう?笑

 

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です