カンボジア旅行記8 世界遺産アンコールワットの楽しみ方 バイヨン タプロム アンコールワット編

スポンサーリンク



アンコールワットへGO

1つ記事がとびましたが、前回の続きです!

朝ご飯が終わりましたらもう一度アンコールワットへ。

よいお天気、超快晴!


※工事中なのはみなかったことに笑

アンコールワットと呼ばれていますが
正式には「アンコールワット遺跡群」なので敷地内はとてもじゃないけど広い。

朝日みたところ以外にも見るべきところは沢山あるのよね。

タイトルのタプロム・バイヨンは遺跡の名前だよ。
(どれがどれだかよくわかっていないんだが)

ですので遺跡群の中は車で移動して、ちょこちょこ降りて観光します。

ではでは中の写真をご覧下さいー!

崩れているのがいい感じ。


近づくとこんなに大きい。


上に上れます!
(階段急すぎてめちゃくちゃ怖かった)
※女性はスカートをはいていかないこと推奨笑


上から撮った!


真ん中が顔になってるの!


象さんに乗れるよ。(ただしけっこう高額らしい)


さるもいた。


緑があるところも。


ここまで戻ってきたら観光終了~♪

半日くらいはかかったかな。
(でももっとみるところはあると思う。一日かけても全然良いくらい)

アンコールワット観光で気をつけたいこと

 

優雅(自分で言うな)な写真を沢山載せましたが

正直車降りたくなかった(暑いの苦手)

もうね、ずっと車の中からみていたい。(正気)

もう汗だくで必死だったよ笑

シェムリアップはプノンペンよりもあっついのでね。
(そもそもプノンペンはカンボジアの中でも涼しい方)

最後の写真のところ(出口)ではお水やお土産を売っていますが
他の場所ではなかったので
(レストランが並んでいるとこにもあるにはあるけどほとんどない)
大きなお水は絶対持っていった方が良いよ。

あと汗拭きシートとか。

あと、一応仏教関係の建物なので
アンコールワットでは露出の多い格好はあまり好まれません。

半袖は大丈夫だけどショートパンツはやめた方が良いらしいです。
(ってガイドさんに言われた)

次回はベンメリア(天空の白ラピュタのモデル地)に行きまーす^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です