【香港でノマドなら】PACIFIC COFFEE(パシフィックコーヒー)に行ってみた レビュー 香港女ひとり旅4

スポンサーリンク



私にとって海外旅行に行ったら欠かせないもの。それは…!!

 

なうん
コーヒーである。

 

カフェイン中毒の私にとっては、コーヒーはもはや生活必需品。
海外行って美味しいコーヒーを飲むことは大っ事な目的のひとつ!!

今回は香港のカフェチェーン、Pacific Coffeeをご紹介します。

ここはノマドができるし、比較的香港のどこでも見つかるのが良いところ!

スポンサーリンク



PACIFIC COFFEEとは

PACIFFIC COFFEEとは香港発のカフェチェーン店のこと。

@ランガムプレイス旺角店

香港のデパートとか行けば比較的よく見かけるイメージです。スタバみたいな感じね。

マカオにもありました。

ここのPACIFFIC COFFEEは、マカオの世界遺産聖ポール天主堂跡↓のずっと手前右手にございます。
ヨーロッパの名残がある世界遺産の街なだけあって、マカオのPACIFFIC COFFEEは看板おしゃれよね笑

そのほか中国シンガポールマレーシアにも展開しております。

 

スポンサーリンク



 

メニューと店内の様子

ここからの写真は全てランガムプレイス@旺角店の写真です。

メニュー

メニューはこんな感じです。

コーヒーはひととおり揃ってる感じですね。コーヒー好きには嬉しい♩

 

フルーツジュースヨーグルトドリンクサンドウィッチも。

 

ケーキもあるよ!

季節限定商品はオレンジモカオレンジピールラテ桃の花ラテだそうです。
カウンターの上のメニューはもっといろんなのがありました。

公式サイトにメニューのページは見当たらなかったんだけど、Beverage nutritionのページで一部の飲み物を確認できます!

コーヒー以外のメニューもあるけど種類は少なめだから、コーヒー嫌いな人はちょっときついかもしれない。

 

お土産にタンブラーとかいかが?笑

店内の様子

ランガムプレイス店は地下2階にあるのですが、吹抜けの下で広々した感じです。

カウンター席の机も広くて使いやすいし。

奥にはテーブル席があります。落ち着いた雰囲気でした。

大きなショッピングモールの中にあるから静かではないけど、スタバとかタリーズとか普通の喫茶店くらいだと思います。

それにこの階は他のカフェやレストランが離れているので、人も比較的少なくて他の階に比べては静かでした。

それからここは英語が通じます◎
聞き取りやすい英語で話してくれる方が多くて助かりました^^

WiFiあるよ

Pacific Coffee という名前のWifiが通ってます。

これ繋げると以下の画面が出て来ます↓

しかしActivation Codeが必要な模様…
このCode店内には見当たらなかったしレシートにも書いてなかったから、多分店員さんに聞く形かな。

商品レビュー

カフェラテ 38香港ドル

写真ではTALLくらいに見えますが、これGRANDEです笑

アイスカフェラテ グランデ 38香港ドル(約570円)

PACIFIC COFFEEではサイズが小さい順にTALL/GRANDE/ALTOになっています。量ははスタバでいう、それぞれTALL/GRANDE/VENDIとほぼ変わらず。

 

なうん
ちょっと高いかな?日本のスタバラテのグランデは410円だもんね…

 

このカフェラテはね、コーヒーがなかなか濃くてびっくりしました◎
正直ただ濃いだけな感じも否めず深みとかは感じなかったですが、コーヒーの味がしっかりします。多分こんなに苦味のあるカフェラテは日本でも飲んだことないと思うな。

カフェラテは濃い味の希望な私にとってはポイント高め!  嬉しい!!(o(^∇^)o)
一気にカフェイン不足を解消できました笑

おすすめ度:★★★★☆

なうん
余談ですが、店員さんに「カフェラテ」って言ったら通じなかったよ。
「キャフェラテ」って言ったら分かってくれました笑

アイスカプチーノ 34香港ドル レビュー

カプチーノのアイスなんて無いだろうと思って頼んでみたらあったのでびっくり笑

アイスカプチーノ 34香港ドル(約510円)

普通カフェラテよりカプチーノの方が牛乳の比率が低いはずなのですが、こっちの方がミルク感がありました。(なんで?笑)
コーヒーの味もするけど、カフェラテより薄めかな。

ミルク感はしっかり味わえるので、牛乳好きな私にはこれもこれで美味しかったです♡

おすすめ度:★★★★☆

次行ったら強いコーヒーが飲みたいときはカフェラテ、ちょっとまったりしたいときはカプチーノだな (・・。)ゞ

Banoffee タルト 64香港ドル レビュー

せっかくなので食べ物も注文してみました。

Banoffee tart(バノフィータルト) 64香港ドル(約960円)

それにしても960円て…(たかくね)

Banoffeeってイギリスの言葉で、bananaとtoffeeを合わせた造語なんだって。toffeeもバターと砂糖でできたイギリスのキャンディーです(●^ー^●)

イギリスらしいお菓子が食べられるのはPACIFIC COFFEEの魅力だね。

 

上からドライバナナ/生クリーム/バナナクリーム/チョコ(&トフィー?)クリーム/トフィークランチ/チョコ/タルト生地でできています。ドライバナナは普通のドライバナナ、美味しいよ。生クリームはしっかり甘かったです。

その下のバナナクリームはね、クリームというかちょっと硬めのクリームで不思議な食感でした。クリームを焼いたらこうなるのかな?
例えると、ふわっとしたムースって感じかな。((この表現は伝わっているだろうか))

私はこのクリーム好き。食感がとっても良いです。この硬めで口に残る感じが、ゆっくり味わえて美味しいなと思いました。甘すぎない控えめなバナナ味なのもよかったです。

 

よく見ると、バナナクリームの真ん中に同じ硬めタイプの茶色いクリームも入ってます。

こちらもほんのり苦く甘さ控えめで私好み◎
今思うとトフィーも入ってたのかもしれないけど、食べたときはチョコの味に近いな思いました。

私はこのクリームすごく好きです(〃’∇’〃)
このクリームだけでも食べたいくらい笑

周りにあるさくさくクランチは甘いです、うん。これは多分トフィー味かな?それから下のチョコソースもかなり甘い^^;

タルトも普通のタルト生地ですが、とても分厚く硬かったです。しっかり、どっしりしたタルト生地。甘さは特別甘いというわけではなく、普通くらいでした。

 

…長々と語りましたが、結局美味しいのか?というとですね。

普通に美味しいんですが、ひとりで食べるのはちょいキツイ。甘くて甘くて^^;
でも甘いのが大好きな人にはもってこいなんじゃないかな。

バナナクリームはとっても美味しかったのですが、他がちょっと甘くてヘビーだな…と。タルトがしっかりしているので、お腹もいっぱいになります。

このタルト自体は美味しいのよ。ハーフサイズ希望です笑

おすすめ度:★★★★☆

あと言えるのは、22時以降に来て食うものじゃないってことだな。もれなくデブになりますね笑

スポンサーリンク


まとめ

まとめ
ひとりで入れる度★★★★★
美味しさ★★★☆☆
コスパ★★☆☆☆
ゆっくりできる度★★★☆☆(3.5)
総合的オススメ度★★★★☆

 

ちょっと高価ですが、なかなかちゃんとしたコーヒーが飲めるしハズレはそんなにないんじゃないかな?
Wifiも使えるし、朝早くから夜遅くまでやってるのも便利!

海外旅行で困ったらやっぱチェーン店は救いの手だよね笑

アクセス情報


茎港線(Tsune Wan Line)/観塘線(Kwun Tong Line)旺角駅E1出口から徒歩1分。
朗豪坊商場(Langham Place ランガムプレイス)の地下2F
E1出口出て、前に見える横断歩道を渡ってすぐの大きな建物です。

営業時間:8:00-23:00
旧正月でもバッチリ営業してます!

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です