【ディズニー好き必見】ディズニーアート展@日本科学未来館の楽しみ方と注意点

スポンサーリンク



ディズニー大大好きな、なうんです。

年パスを持ってるわけじゃないけど、
ひとりでディズニーランドにふらっと行くくらい好きです。
(最近行けてなくて結構な不満)

★あわせて読みたい★

 

そんな私、ディズニーアート展に行って参りました!!
(今回はお友達と2人です)

ギリギリ滑り込みで、東京展の方に行きました。
今は大阪市立美術館に移動しており、2018年1月21日までやっております。
そのあとは、2018年2月17日から5月13日まで新潟で、6月16日から9月30日まで仙台で開催されます。

 

これはね、ディズニー好きなら是非是非行って欲しすぎる、本当に可愛かった。
というわけで今回はディズニーアート展の楽しみ方の記事です!
グッズも大量に買い込んできたので、それに関しては次記事にて徹底レビューします。

ディズニーアート展とは

名前の通りなんですが、数々のディズニー作品の原画が見れます♡

公式サイト様によると、「ミッキーマウスの誕生から最新作『モアナと伝説の海』まで約90年分の原画が出展、そのほとんどが日本初上陸!」だそうです。

とにかくディズニー好きにはたまらん展示なんですよ。
(説明になってない)

今回は説明が難しくなりそうなので時系列でご紹介します。

☆前提情報☆
日付:2017年9月18日 敬老の日(休日!!)
場所:日本科学未来館@東京
人数:友達と私の2人

スポンサーリンク



AM 11:20 日本科学未来館到着

早くも人の多さにめちゃくちゃびびる。
入るのに40分待ちですってよ、奥さん。

とにかくすっーーーーごい人だらけでした。まじで。
(多くが常設展じゃなくてディズニー展目当て)
チケット買うのにも一苦労。

現在開催されている大阪市立美術館は私行ったことないんだけど、会館前に行った方が良いかもしれないね。

AM11:35 チケット購入し、ラプンツェルエクスペリエンスの整理券をもらう列へ


チケットは少しお高めの1800円
これで、ディズニーアート展と常設展の両方が見れます。

 

「永遠に生きられたら、永遠に生きるだろうか?」

…深い言葉だ。(しみじみ)

チケットを購入したら、「ラプンツェルエクスペリエンス」の整理券をもらう列に並びます。

「ラプンツェルエクスペリエンス」とはこういうやつ↓

ラプンツェルの世界を模した会場があって、そこで写真を撮れるというもの。
(行かなくても良いという人はもらう必要ありません。)

最近流行りのインスタ映えってやつでしょう←

これまた並びますが回転は早いのでそんなに苦労はしませんでした。

でそのチケット↓

この10分間にラプンツェルの会場に行かないと入れません。

何が困るって、「ディズニーアート展の会場」とこの「ラプンツェルエクスペリエンスの会場」は別なんです。

つまり、

1.「ディズニーアート展会場」に入るまで約40分→
2.「ディズニーアート展」(1F)を観る→
3.そこから会場を出て「ラプンツェルエクスペリエンスの会場」(7F)へ13時40分までに行かなくてはいけない

 

しかも再入場できません。
日本科学未来館の場合、この2つがかなり離れた場所にあります。

「グッズ販売コーナー」はこれまた別会場で、こちらは再入場可能です。

だから展示は1時間弱で見ないといけないっていう、なんたる過酷スケジュール!

ちょっと時間潰して先にラプンツェル行くのもありだろうけど。

やっぱり、ちゃんと見たい人は会館前に行くことを強くオススメしたいです。

AM11:45 入口のフォトスポットで遊ぶ

ズートピアとの合成写真が撮れるっていうコーナーがあるんだ。 ただしこの写真、受け取るにはFacebookに自動アップロードしてもらって、そこからダウンロードするしか方法がないんです。

強制的に自分の顔がネット上に・・・!!

…写真は欲しいけど勝手に挙げられるのは困るので諦めました←
(はっきり言ってやめた方が良いと思うよ、このシステム。)

この近くにいた侍ジーニー。

かわいいなぁ。(実は私ジーニー大好き)

AM11:50 入口に並ぶ

ここを通り抜けて・・・

ここから待つこと40分。

すごい人だ…

博物館だし1人でも全然入れるけど、これはディズニーのアトラクション待ってるのと同じ感覚です。(かなり暇)

パンフレットだよ。

もう1種類パンフレットがあってね、
こちらは原画風になっております。(左右の穴に注目)
マニアとしてはこちらもGETしたい。

PM12:15 やっと入場

実際に待ったのは25分程度でした。

入口はミッキーの帽子!

写真撮影は禁止です。
メモを取りたい人は、ノートと鉛筆は使ってOK◎
ボールペンとかシャーペンはダメです、鉛筆だけ
です。

トイレはないから、事前に済ませておきましょうね。(再入場不可)

写真がなくて申し訳ないんだけど、
中にある展示は、本当に初期のプレーンクレイジーからモアナと伝説の海まで!!
白黒の鉛筆で書かれていた頃の原画から、今のカラーでパソコンで書かれたものまでね!

本当に可愛かった、感動した。見応えありました。

展示物の原画はお土産を見れば少し想像つくと思う。
後述するお土産コーナーの写真もぜひ見て見てくださいな(﹡´◡`﹡ )

展示物一覧↓(東京展のもの)

人すごくて見るのも大変だったけど、
少し急ぎめで見て13:35分ごろに慌てて会場を出ました。

一応全部一通り見たので1時間ちょっとで見れなくはないです。

ダッシュで7Fへ行き13:40分ギリギリに会場入り笑

13:40 ラプンツェルエクスペリエンスへGO

この中が「ラプンツェルエクスペリエンス会場」のの大きな部屋です。
この中に入ってさらに並びます^^;

この中は、真っ暗で前にラプンツェルの映画のワンシーンが流れてます。
映画館みたいな感じね!

そして待つこと30分程

PM14:10? ラプンツェルエクスペリエンス

じゃじゃーん!!

撮影時間約1分なので(短い!!)慌てずナイスショットを撮りましょう。
友達曰く、「鏡の線が見えないように、沢山あるかのように見える感じで撮った方が良い」だってさ。

なるほどね!

PM14:30 グッズ販売会場に並ぶ

東京展の場合グッズ販売会場は1Fでしたので、1Fに降りました。
ここもまた行列なので並びます。

と、ここで友達は「買い物はしないから常設展みたい」というのでちょっと別行動。

グッズ販売会場の最終入場は17:00、常設展も17:00までです(チケット購入は16:30)。

せっかく1800円も払って常設展も見れるんだから、
常設展みたい人はそっち先見た方が良いかもしれないと思います。

そして待つこと40分

ここでもかなり待ちます。
早く着いたら、先に買い物すませちゃうのもありっちゃあり。
(展示見てからの方が買い物楽しめるとは思うけど)

PM15:10 買い物スタート

グッズ一覧が貼ってあった。

公式ホームページで1つ1つ見れるのでぜひチェックを!

↓会場はこんな感じ。

まずは図録

リュックとバッグ

シンプルで使いやすそうだし、どちらもブランドとコラボしてるみたいだね。

エコバッグとポーチ

ぬいぐるみ

ランチボックスとコップ
食器も様々あったよ!

消しゴムとノート
これで勉強したら絶対楽しい。

メモ帳
これは超種類豊富です!

クリアファイル

木バッジとキーホルダー

アクセサリーもあるよ!!

プレゼントなんかにも良いかもねぇ…♡

誰かプレゼントしてくれないかしら。(黙れ)

 

そして、そして一番話題の黄金のウィリー!!!

 

じゃじゃーん!!!!

お値段なんと!
3,500,000円

ヒューッ ⌒v⌒v⌒ヽ(*゚ω。)ノミ(/。ω。)/ (気絶)

 

ガチャガチャもあるよ。

購入時に限定の袋ミニサイズのうちわももらえます☆

ここはクレジットカード使えます。

レジも並びはしますが、回転早いのでそんなに時間はかかりませんでした。
ただ商品選ぶ方が苦労するかも。
人多いのでなかなか陳列棚の前にいけず^^;

ここで沢山購入したお土産は、次記事にて詳しくレビューするのでぜひ見てください!

PM16:10 アシモちゃん鑑賞


一通り見終わり友達とも合流し、ASIMOちゃんの実演やってたからそれを鑑賞笑

久しぶりに見たわ←

まとめ

ディズニーアート展めっちゃ楽しかった!
可愛いディズニーのキャラを眺めていられるなんてすっごくなんて幸せ♡

値段はちょっと高めだけど、是非是非オススメしたいです^^

私は写真撮りながら買い物したので時間かかってしまいましたが、
普通にいけば常設展も見る余裕はありそうですね。

ただディズニーアート展会場の方は急ぎ足で見たから、早めに行くに越したことはない。

今回は休日に行きましたが、とても人気で並ぶので平日に行くか時間に余裕があるときに行った方が良いです!(`・ω・´)

 

あと、見終わったの16時だったからすっごーくお腹が空いた笑

科学未来館内にレストランもあるんだけど、ちょっとしたお菓子とか持っていくとよいかもしれません。(展示室内は飲食禁止だよ!)

 

日本科学未来館の場合は、お台場にあるので終わった後も1日遊べて大満足でした☆


夜景も楽しんだよ。

次回はディズニーアート展グッズ徹底レビュー編です!

スポンサーリンク







スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です